塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

イベント168 Sランクを目指すために

○注意

http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=13769
上記の質疑にもとづき、以下はプレイヤー用の情報であり、アイドレス、NWとはリンクしないとする。

○基本分類

 
+ 芝村 > 大きく分けると、3タイプありました。 (10/16-00:03:14)
+ 芝村 > 1:そもそも世界崩壊の引金になった時間犯罪をどうかするパターン (10/16-00:03:48)
+ 芝村 > 2:未来を変える運動(枝)を守る考察 (10/16-00:04:18)
+ 芝村 > 3:敵対勢力それぞれの性格から対処を考える (10/16-00:06:52)
+ 芝村 > で。今の情勢で、Sをとりにいく場合で一番考察で有効なのは、1と2です。
+ 芝村 > その上で、1級相当と結論づける場合、それ以外の有効な回答を持ってきた者を、条件にしたいなあと、考えていました。 (10/16-00:11:45)
+ 芝村 > いましたというのは、まとめがうまい人もいて、にわかに、うーむ、いや、この人はダメ、と、なかなか決めづらいところがあったせいです。 (10/16-00:12:49)
+ 芝村 > ということで。順番に発表していきましょう。 (10/16-00:13:56)
 

○敵対勢力への対処

○弓下嵐

+ 芝村 > まず、まとめがうまいと感じたのは、弓下さんです。3のルートからのアプローチで、一番成功しているのは彼女だね。 (10/16-00:16:02)
+ 芝村 > 藩王などの政治系プレイヤーは、一読して帝國や共和国の方針作りの役に立てることができると思います。 (10/16-00:17:03)
+ 芝村 > 基準にみたないけど、非常によくできていたので、準一級とします。 (10/16-00:17:35)
 


弓下嵐です。解答を送付させていただきます。
 
以下のすべての条件を満たした状態でアイドレス2のエンディングを迎える
 
・亜細亜の生存
・全勢力との和解
・崩壊したすべての世界の再生あるいは再接続
・未来を変える運動の達成
・最初の時間犯罪の修正
 
まとめれば、以下の3点に絞られます。
 
1)不安定な世界を修復し安定させること
2)争いを起こして世界を疲弊させないようにすること
3)亜細亜を防衛すること
 
各種根拠
 
<亜細亜の生存><全勢力との和解>
 
アイドレスエンディングランクより
 
t:エンディングランク ={
エンディングを定めたもの。Sと、AからEまである。
 
S =全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME
1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
A =全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。個人ACEつきプレイヤーも分身や、あるいは介入でACEについていくことが出来る。→NEXT
GAME 1年のお休みのあと、”大儀式魔術 ガンオーケストラ”
B =全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。→NEXT GAME”アイドレス・システム3”
C =現状維持のまま、時間切れ(ターン19エンド)が起きた場合。→NEXT GAME ”アイドレス・システム3”
D =世界の崩壊と再ループの開始。かのものは世界の崩壊をもって撤退する。→NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
E =亜細亜の死亡 →NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
 
http://blog.tendice.jp/200804/article_21.html
 
亜細亜が死亡した場合EエンドになってしまうのでSエンドを迎えるためには生存してもらう、
プレイヤー側からすれば防衛することは必須である。
またSランクエンドの必須条件としてすべての勢力が和解して銃を置くとあるのでこれもまた必須である。
 
<崩壊した世界の再生、あるいは再接続>
 
Aエンドの条件として、ACEがそれぞれの世界に帰って行き、とある点からみて、
変えるべき世界の再生あるいは復帰が必須だと思われる。
またこれは他勢力との和解のための必須条件であるとも考えられる。
 
現在までNWで争ってきた敵で少なくとも目的が理解できるものに関していえば
生存のためのニューワールド来襲が目立つ。
 
ペルセウスアーム→XXXXと化した白オーマに襲われ滅亡予定であったためにオリオンアームへ
さらにドミノ倒し的に、オリオンアームからテラ領域への襲撃
根拠:http://blog.tendice.jp/200804/article_61.html
 
記憶に新しいネーバルウィッチも、また宇宙怪獣に住処を追われてテラ領域に来ており
その影にはTLO連発による世界の崩壊があった。
根拠:http://misabox.at.webry.info/201008/article_1.html
 
世界を再接続するあるいは崩壊を止めることで、本来のテリトリーに戻れる種族に関しては和平を
おこなうことができると考える。
 
<未来を変える運動の達成>
 
個人派生のアイドレスとしてある「未来を変える運動」を達成することで世界を崩壊から救うことにより
Dランクの回避を行う。
 
1.ヴィクトリーを消滅させないこと
2.人間の形質を最後まで守ること
3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
4.XXXXの生成原因をつきとめること
 
http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/?%CC%A4%CD%E8%A4%F2%CA%D1%A4%A8%A4%EB%B1%BF%C6%B0
 
ヴィクトリーの保護、そして我々が人であり続けるということである。
また世界を崩壊させる空間移動は使わずに世界を守ること、そしてXXXXの生成原因を
つきとめることである。
 
これは、前述の全勢力との和解とも重なる。
対話が不可能な状況で和合するには、相手を無力化する必要があるということである。
 
これは他の話が通じない勢力にもあてはまることで、どうしても対立する場合は、戦って
勝利することで相手の反撃を無効化、和平に持ち込むことも可能であると考えられる。
また対オーマの場合、過去の質疑でプレイヤー側のオーマとの話し合いで決着がつく可能性も
示唆されているので戦闘以外の方法も模索したい。
 
<最初の時間犯罪の修正>
 
ここで出ている最初の時間犯罪により大絢爛以降の修正すべき点が
大量に発生している。
 
http://eyedress.at.webry.info/200802/article_7.html
 
この時間犯罪を特定し、修正をかけることで修正点を減らし
世界と正しい歴史に戻していくことで世界の安定を図る。
 
<おまけ/現状理解できる各勢力との想定される和解ポイント>
・ドラゴン→世界を崩壊させないこと、世界に無理をさせないこと
※名前こそ出ていないがトップエースも同様の条件で和解するポイントがあるかと思われる。
・顔のない男・クーリンガン→不明、神としてまつっとくとそこそこ和解可能のようだ。
・各種オーマ→話し合いか、ソレが無理なら殴り合い
・ネーバルウィッチ→世界を安定させる
・ニューワールド内部→話し合いかダメなら殴り合い
 
以上になります。


○城 華一郎

+ 芝村 > で。次にまとめ+アルファでいい線いってるのは、城です。 Sランクをとるにはグレートエンディングチャレンジをやるべきという、当たり前だが重大な指摘があります。 (10/16-00:19:16)
+ 芝村 > なんでSランクが必要なのかも、城はうまいところ考察しているね。お見事でした。 けどまあ、Sランクの取り方ではなく、Sランクの必要性なので、2級据え置きとし、かわりにプラチナチケットをあげます。 勉強してきてください。 (10/16-00:21:13)
 


06-00158-01:城 華一郎:2級
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
問題の再定義を行うことで、問題の明確化を行う。
 
A=B
A:Sランク
B:全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
C:全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”。への行き方を書きなさい。
 
文章のまとめを次の通りに行うことで、整文を進める。
 
1:全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力→(全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む)全ての勢力→世界中
2:「銃を置く」と「和解」をまとめると、「武力に拠らず、対話だけで問題が解決できる間柄になる。」と言い換えられる。さらに言い換えると、「仲良くなる」となる。
 
整文:問題(再定義):世界中が仲良くなることで、1年休んだあとに、サイレントオデッセイへ行ける。
 
さらに整理した上で問題を切り分ける。
 
1:世界中が仲良くなる
2:1年休む
3:サイレントオデッセイへ行く
 
/*/
 
【1】世界中が仲良くなる
 
モデルケースの例示によって、解決策のパターンを探る。
 
例1:勢力:NW−ドラゴン:仲良くなれない理由:NWが歴史を変える存在=TLOに着手した:仲良くなった理由:NW側でのTLOの自己抑制
例2:勢力:NW−クーリンガン’s:仲良くなれない理由:NWとの共存を望まない一部のクーリンガン:仲良くなった理由:該当クーリンガンの殲滅
 
上記の例から見出せるプロセスは、以下の通りである。
 
1:仲良くなれない理由を見つける。
2:1をなくす。
 
なお、世界中の定義は、
アイドレスが世界をまたいでいるゲームであるため、文字通り、7世界すべてを指すこととする。
7世界同士の関係は、「情報補完によって過去と未来が表現されている、時間の連なり」
であるため、「どこかの世界が平和になった」という歴史を、情報補完で一巡させればよい。
 
根拠:星見司試験2級試験・模範解答より
〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hosimibbs/nisetre.cgi?no=2005
第3問:最新の世界構造モデル(今日の夕方が最新です)で世界がループする理由を述べなさい。
第3問:各並行世界が過去未来の関係になるように、並行世界間で情報補完が行われ、第7の未来が一番過去である第1になるため
〜〜引用ここまで
 
ニューワールドが平和になり、1〜7の世界で、崩壊している世界があれば、正常に戻し、
ワールドタイムゲートを開いて情報補完を起こすことで、【1’】は達成可能である。
 
【1】のプロセスを分解し、やる必要がある行程を明確化する。
 
【1−A】ニューワールドを平和にする。
【1−B】崩壊した世界を復活させる。
【1−C】情報集積によって、ニューワールド〜7世界を巡る情報補完を起こすためのワールドタイムゲートを開く。
 
/*/
 
【2】1年休む
休むとは、何もしないで心身を楽にすることであり、Aランク以上の時点で世界は平和になり、全てのACEおよびPLはそれぞれの世界に帰っているため、アイドレスに対してと限定すれば、Sランクならば、何もしないで心身を楽にすることは可能。
そして当問題はアイドレスに対するものである。
 
よってここは次のように問題の言い換えが行える。
 
【2’】全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。個人ACEつきプレイヤーも分身や、あるいは介入でACEについていくことが出来るような状態を1年の間、維持する。
 
なお、【1’】において、「世界中が仲良くなった(=平和になった)」という情報補完を一巡させる必要が生じているので、ここで言う1年の休みとは、第1世界から見てかかる、情報補完のために必要な時間であり、同時に第7世界上で情報補完のために維持が必要な、平和期間であると考える。
 
第1世界での1ヶ月(1ターン)が、第7世界では1年と扱われるため、第1世界における1年は、第7世界における12年である。
 
よって、第7世界上で12年間、平和が維持できる環境を作り出し、絢爛舞踏祭におけるシミュレーション同様、それらを観測できるシミュレーターを利用することによって、
グレートエンディングチャレンジは可能である。
 
芝村さんは、ターン100の未来をシミュレートして見せることが出来るため、グレートエンディングチャレンジをするには、芝村さんがプレイングしている宰相(ないし千ちゃん)の元へ行けばよい。
 
根拠:
http://blog.tendice.jp/201004/article_1.html
http://blog.tendice.jp/201004/article_2.html
 
/*/
 
上記で判明した事項を元に、【1】および【2】の整理を繰り返す。
 
【一】ニューワールド上で12年間の平和を達成する。:達成時の観測方法:宰相の元へ赴き、シミュレーターによってグレートエンディングチャレンジを行う。
【二】全ての世界を復活させる。:達成時の観測方法:ワールドタイムゲートの開放を確認する。(完全閉鎖=崩壊であるため、開けば復活と認められる)
【三】全てのACEをそれぞれの世界に帰す。
【四】プレイヤーが全てのACEの元に分身を送る方法を確立する。
【五】プレイヤーが全てのACEの元に介入する方法を確立する。
 
このうち、プレイヤーの分身とはPLACEのことであるため、ACEを世界に帰す方法の一部としてまとめることが可能。つまり、PLACEの帰る先が、それぞれのパートナーACEの隣であると、世界にとって認識されればよい。
 
PLACEの要点はプレイングによって認識され、認識を経て変化するため、各パートナーACEに合わせたプレイングを続ければ、運命が変化し、そのまま帰還時についていくことが可能であると考えられる。
 
ACEが元居た世界に帰るための妨げとなっているのは、帰る先である世界そのものの崩壊か、崩壊をもたらす要因の現存である。
要因とは、世界を、飲み込み、崩壊させることが可能な、かのものであると考えられる。
よって、ここで追加項目が一つ生じる。
 
【六】かのものを止める。
 
/*/
 
【3】サイレントオデッセイへ行く
世界とは、内側にいる人々の認識が変わるのと等しく、物理域が変動する物であり、アイドレスからサイレントオデッセイへの移行は、「武力に拠らない対話で問題解決できるようになる=基幹技術が対話になる」ことの表れであり、第1世界(サイレンとオデッセイ)の物理域への変動は、自然に起こるので、ことさら別立てして解決が必要な問題ではないことになる。

根拠:アルファシステムサーガP141
〜〜ここから引用
たとえば「世界の軌道が第六・第七方向の物理域に移行する」というのと、「人類の歴史から神々への信心が失われて唯物的な価値観が浸透する」というのとは、同じ事柄を別々の側面から表現しているだけであって、どちらかが原因でどちらかが結果ということでさえない。
〜〜ここまで引用
 
/*/
 
ここまでを踏まえた上で、回答をします。
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
回答:
【1】ニューワールド上で12年間の平和を達成する。
【2】全ての世界を復活させる。
【3】全てのACEをそれぞれの世界に帰す。
【4】プレイヤーが全てのACEの元に介入する方法を確立する。
【5】かのものを止める。
 
具体的な方法:
【1】
上級クエストその3によって、平和の妨げとなっている外敵は、おおよそ次の通りに絞られている。
 
A:宇宙怪獣
B:オデッセイ
C:GIGU
D:かのもの
 
これに加え、内憂を排除すれば、平和は達成可能である。
 
E:ニューワールド上の国際関係
 
後は、これらの平和が12年間継続可能であるか、宰相の元へ赴き、シミュレーターによってグレートエンディングチャレンジを行うことによって、確認が出来る。
 
以下に5勢力それぞれへの対処プランを記述する。
 
/*/
 
『A対策』
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=6
>Q1:
>「第二次黄金戦争のはじまり」でビアナオーマ勢力はワールドオーダーを殺害していますが、ワールドオーダーを殺害したものが次のワールドオーダーになるというシステム上、この行為によってビアナオーマたちは世界に排除される危険性を無くしただけでなく、世界の秩序となり、自勢力に都合のいいように、世界に流入する情報の取捨選択を行う能力を手に入れたという解釈でよろしいでしょうか?

ええ
〜〜引用ここまで
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=15
>Q2:
>Q1が正しい場合、もはや世界の数が数えるほどしか残っていない現状では
>その戦略は破綻しかけていると考えてよいでしょうか?
 
うん
 
>Q3:
>Q2が正しい場合、オーマ勢力が地の母の迷宮にある
>世界創世機を作動させることで状況のリセットを試みることはありえますか?
 
ありえない。なぜならそれらはすでにない。破壊された。
〜〜引用ここまで
 
宇宙怪獣をビアナだと仮定した場合、
行動から読み解くと、ネーバルウィッチ艦隊が敵を補足できずに逃亡し、かつ、ニューワールド上にも敵の手が回り込んでいると推察される現状、ネーバルウィッチを根絶やしにするつもりがなく、宇宙怪獣が幻影であって、心理的プレッシャーだとしたら、その目的は、敵性戦力の殲滅ではなく、有利な交渉を進める前段階としての威圧行為ではないかと推察される。
 
ワールドオーダーをすげ替えた相手だが、逆説的に語れば、ビアナオーマと和解することで、制圧された世界群復活への水先案内人として、協力を求めることも可能である。
 
敵を交渉のテーブルに着かせる戦闘・外交は、星見司の領分ではないため割愛する。
 
ただし、「世界は復活可能である」「ヤオトによりオーマがオーマではなくなってしまうことも止められる」という条件を、星見司の理論によって、交渉のカードにできれば、交戦を最小限に控えられるのではないかと思われる。
 
『B対策』
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=6
>Q2:
> 現在敵対している勢力の中には、顔のない男など、世界を破壊し、
>いずれは1つだけにしようとしているという勢力がありますが
>「時間とは並行世界の連なりのことである」という最新世界モデルに照らし合わせると、1つだけになった世界にはもはや時間概念が存在しなくなると考えました。この考えは合っていますでしょうか。
 
いいね。でもそれだと、世界は実質滅びるよな。うん。
〜〜引用ここまで
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=13
 
>Q1が正しい場合、全世界が他世界とのつながりをなくして時間停止した後、
>全ての世界の中から必要なものを選んで取り込んだセントラルが、
>エレルを誕生させるということはありえますか?
 
ありえる。
〜〜引用ここまで
 
上記質疑、及び、
顔のない男が所属するオデッセイとは、「本来あるべきところへ帰る」組織ということから、彼らはエレルを本来あるべきところ、ないし、そのための通過点として定めており、エレルを望み通りの形で復活させるため、エレルに存在するとされるニューワールドを自由に作り替えることで復活するエレルの姿に干渉する実験をしていると推察さ
れる。
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=10
>Q3:
>CWTGは全ての世界を時差0でつなぐ緊急的な安全弁と言われていますが、
>時差0でつないでしまっているため、
>CWTGが開いている状況では、全ての世界において過去も未来もない世界が崩壊したに近い状況を作ってしまっていますか?
 
ええ
 
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=25
>Q3:
>エレル崩壊の前、世界の数はいくつでしたか?
>(無名世界観的に7と言う数に意味があったと思うので、エレル=第8世界があったときに第1〜第7世界が今の形で存在していたのか疑問に思います)
 

〜〜引用ここまで
 
上記質疑に基づき、エレルの存在そのものは世界を崩壊させるものではなく、
むしろ、セントラルワールドタイムゲートが世界崩壊の元凶となっているため、
エレルの早期復活こそが、世界の安定につながるものと推察する。
 
エレルの復活という点において、オデッセイとの協力は可能である。
ただし、相手にも妥協してもらう必要があるため、話を通すために、テーブルに着き、こちらの条件を飲むまで、交渉(武力衝突)する必要がある。
 
『C対策』
〜〜引用ここから
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=8827
>7:GIGU、オデッセイ
>そもそもGIGUとオデッセイってのは一緒に考えてよいのか?
>★GIGUとオデッセイは別モノではあるが、最近のナイトメア、TLO毒、カマキリなどの攻撃の連携性を考えると、どちらかの組織がどちらかを制圧したのかもしれない。
>(是空注:ここの部分は記憶あいまいです……すいません)
 
あるいは手をくんだか。だね。
〜〜引用ここまで
 
上記を根拠とし、
オデッセイと協力関係に移行したらしいということから、オデッセイの目的とは反目しあう目的を持つ組織ではないことから、
オデッセイと協力関係にある間を狙って、まとめて強制的にテーブルに着かせることが必要であると考える。
 
『D対策』
別項目(【5】)にて説明しているため割愛。
 
『E対策』
政治の領域に当たるため、星見司としての立場からの言及は領分侵犯と鑑み、せぬものとする。
 
ただし、世界の謎的に必要と考えられる措置としては、
ワールドタイムゲート周りに警戒を敷き、時間犯罪を目的とした騒乱が起こらないよう、注目しておく必要がある。
 
また、第1世界の新型インフルエンザの同一現象によって、マンイーターが発生していることから、日本国内に限らない、大きな政変や国際的事件などをチェックし、どう、同一現象が起こるか、予測しようとする体制を取ることで、騒乱を最小限に抑えられ、国民や同胞からの信頼も得られるものと考える。
(逆に言えば、何か起きたら同一現象ではないか疑って調べることも大事)
(大きな現象だとリフレインによってもう1度襲い掛かってくる可能性もあるので、やはり注意が必要)
 
【2】
時間の流れが正しくつながらない=世界の崩壊であるため、時間犯罪を修正することで、時間の流れを正し、接続を回復することで、世界は復活可能である。
ただし、時間犯罪の現場を差し押さえるための時間犯罪も必要なため、最小限に押さえるため、ポイントを特定して介入を行わなければならない。
 
これが質疑において特定・修正の必要な時間犯罪であると考え
る。
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=25
 
>Q4:
>最初の時間犯罪の解決がランク上昇に関係するとのことでしたが、
>今ループの最初の時間犯罪や、
>プレイヤーの知る中での最初の時間犯罪の解決と言う意味ではなく、
>文字通りそれ以前には一度も時間犯罪が起こっていないものをこの場合の「最初の時間犯罪」と呼んでいるのでしょうか?
>#少なくとも悲しみの聖戦時点では既に時間犯罪が起こっているかと思います。
 
Sランクをとるために必要な発端となった時間犯罪のことだね
〜〜引用ここまで
 
つまり、各世界が崩壊する原因となった時間犯罪を特定・修正すればよい。
時期については既に、下記の函ゲームによって、不完全ながらも特定されている。
 
〜〜引用ここから
http://eyedress.at.webry.info/200802/article_7.html
帽子 :
f:最初の時間犯罪は精霊以降 且つ 大絢爛以前 且つ、超新星爆発よりも前に達成された時間犯罪である
芝村 :
通った>帽子 精霊以降 且つ 大絢爛以前だけでよさそう
〜〜引用ここまで
 
最新の世界構造モデルによれば、
世界とは連続する時間を並行世界によって表現し、もっとも未来のはずの第7世界の未来が、過去であるはずの第1世界として表現されている、という形で、ループ(情報補完による歴史の繰り返し)が発生している。
 
世界崩壊は、他世界と異なりすぎて情報補完が起こらなくなり、
彼方へ飛び去るか、セントラルワールドタイムゲートに落ちるかのどちらかで表現される。
 
〜〜引用ここから
http://www37.atwiki.jp/zaregotoya/pages/14.html
アズマ > 「オリジナル第6はかなり進んでるんですよね?文明も?」 (3/11-21:23:50)
芝村 > 桜子:「いいえ、逆です。どうかすると、まだ幻獣戦争もはじまってないかも」 (3/11-21:24:36)
〜〜引用ここまで
 
とのことから、
パーフェクトワールド自体が変わったのではなく、幻獣戦争によって他世界が変わった結果、パーフェクトワールドが閉鎖したのだと考える。
 
幻獣戦争を引き起こしたのはクーラ=ベルカルドであるが、それ、そのものは、古くから繰り返された、二重世界間における、入植と和解(予定?)の歴史であり、時間犯罪の結果とは言えない。
 
むしろ、クーラ=ベルカルドの侵攻を阻止するために、第六世界を分裂させ、第七世界も分裂させたセプテントリオンの行為が、結果的に分裂した世界を次々と崩壊させることにつながったと言える。
(たとえ崩壊を起こす直接の仕組みが、かのものであったとしても)
 
儀式魔術のパターンとして、
「芝村舞を助ける」「BLを助ける」「石田咲良を助ける」といった、誰かしらを助けるための、愛ゆえの時間犯罪が基本となっている。
 
アイドレスにおいては、世界線の分裂が起こっており、ゲームクリアの鍵となっていることから、「後藤亜細亜を助ける」といった条件が設定されているものと考える。
 
つまり、時間犯罪によって、分裂した側の第七世界では、亜細亜ちゃんは死んでいるが、時間犯罪がない世界では、亜細亜ちゃんは存在している。という考え方である。
 
第七世界を分裂させたのはセプテントリオンであり、絢爛舞踏祭の内部にそれを示唆すセリフが入っているため、このタイミングがもっとも怪しい。
 
本件は、変化前と変化後の世界を見比べることが出来るドラゴン、及び、時間警察である橙オーマに相談しながら進めることが妥当である。
 
達成時には情報補完の再開によってワールドタイムゲートが開くため、第7世界上からは、星の光を観測することによって達成が確認できる。(冒険艦等で直接世界の速度を確かめに行ってもよい)
 
【3】
ACEとは単独で記録されているアイドレスデータ、つまり情報であり、復活したワールドタイムゲートを経由することで、情報そのものを送り出すことが可能である。
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=9
>Q1:
>「ACEの分裂、および運命の変化は、シオネの特別条項によって許されている時間犯罪である。」
>という話から、該当する個人ACEたちが元の世界に帰還すると、世界線が分裂して、世界が分裂するのではないかと考えております。
>こちらの推察は正しいでしょうか?
 
それそのものでは曲がるだけで、分裂はしないね。
〜〜引用ここまで
 
ACEの分裂・運命の変化のみでは、世界線は曲がるだけで、分裂しないため、絢爛舞踏祭やガンパレード・オーケストラのように、介入・分裂に必要なだけの情報を用意し、
それぞれに充ててやることで、世界を増やすことで、ACEが分裂した数だけ、世界を用意する。(その情報の存在先は、プレイヤー自身とする。)
 
その際、世界の分裂については、時間犯罪だが、PLACEも同時に送る、ないしプレイヤーの介入を続けることによって、シオネの特別条項「愛に関することは例外である。」を、
証明し続けることで、修正対象外に出来る。
 
分裂してはいないが、運命が変化してしまったACEについても同様である。
 
【4】
介入は情報補完を利用して行われるものであり、分裂したり運命が変化したACEに対して、それらの現象を引き起こした原因が存在しないと、因果関係がおかしくなるため、世界は情報補完を求めてゲートを開く。
 
そして、必要な情報補完は、
まさにACEの分裂や運命変化を引き起こしたプレイヤーそのものであるため、プレイヤーはゲートを経由して介入を繰り返すことができる。
 
ただし、愛が失われれば変化したり分裂した運命は失われるため、世界の崩壊・修正を免れることは出来ない。(PLACEの生成推奨/及び、時間犯罪から身を守る必要がある)
 
【5】
かのものとは、人間が世界(物)と向き合った時に働く原理、「物から情報を生成する」生成機構の暴走の結果である。(情報から情報を生成するステップに入ると完全なるかのもの)停止させるためには、この生成原理に対抗するため、情報の流れ(=リューン)を操作する絶技で、生成機構に干渉して攻防を行うか、一時的に処理が停滞する程、膨大な物(=質量/空間)をぶつける必要がある。
 
〜〜引用ここから
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=10
>Q5:
>現在活性化している存在の討伐を行えるのはトップエースのみだったかと思います。
>これは、
> ・そもそも討伐が行える条件は明確化されており、それを誰かが確認してトップエースの称号を与えている
> ・討伐する能力をトップエースに与えている誰かが居る
>等考えられると思うのですが、設定的にどういった理由によるものでしょうか?
 
絶技だよ。アレを討伐したり、見たりするにはそれ専用の、時
代時代で数名の保有者しかいない絶技がいる。
 
アルファシステムサーガP105
一五四四年、彼らは浮遊島の一部を質量/空間兵器として〜さらにのち、質量兵器が効いたのかどうかは不明ながら「彼のもの」は不活性化する。
〜〜引用ここまで
 
絶技自体が情報によって情報を生み出す、かのもの側の行為であり、絶技が行使可能となるオーマ化の果てに、かのもの化が待っている。
 
よって、黄金戦争という歴史のループを次ループに残さないためにも、PCのオーマ化は避け、絶技戦も、可能な限り控えることが望ましい。
 
併せ技としての質量兵器だが、第7世界にほとんど質量は残っていないため、
もっとも質量が残っている第1世界の質量を用いるのが望ましい。
 
つまり、第1世界・サイレントオデッセイからの、儀式魔術による情報集積での、セントラルワールドタイムゲートの開放で、かのものに質量兵器を叩き込むことである。
 
ただし、かつて第4世界でかのものを止めた質量兵器自体が、原爆のリフレインとも言われており、該当する質量兵器の情報を第1世界側で用意・使用することは、不可能であるとも考えられる。
 
よって、儀式魔術の対象は、
質量兵器の代わりとなるような情報を第7世界にまとめ上げての、かのものに叩き込むための、同一存在の生成がメインとなる。
 
第7世界の7000人委員会の情報集積によって、実体を持たないプログラム、OVERSの同一存在としてのMAKIが生まれているので、実体を持たせるために、第1世界で実体を持った集団を動かし、OVERSの時のような、あたかも単一かつ巨大な存在であるかのような振る舞いで、同一存在を生成させる。
 
それは第1世界サイレントオデッセイの登場人物である、プレイヤーたちが、
「物は物であり、物から生まれた情報は、完全なフィクションにはなりえない」
という宣言を、PCとの行動の同期を取ることによって、達成する儀式である。
 
物=生身のプレイヤーたちから生まれた情報は、
独立して動くだけではなく、物=生身のプレイヤーたちの影響によって、かのもの=フィクションの侵攻との決別を行う。
 
それは、アイドレスの全員同時ゲームプレイング終了という操作によって行われるのが望ましい。
(フィクション=ゲームに対する、生身のプレイヤー=物からの決別行為)
(プレイング的には、プレイヤーたちから、「さよならアイドレス」のテーマで、手紙でも募って、一箇所に集めるのがいいだろうか……?)
(集める先は、セントラルワールドタイムゲートの所在地……今の処、東京?……が、良い)
 
絶技戦、儀式魔術による質量兵器、そして第7世界からの、かのものの配下への正規攻撃のトリプルアタックに加え、
【1】で実現した平和に基づき、あらゆる勢力の力を借り、世界の総力を結集して、アイドレス最大にしてまさしく最後となる、背水の陣での、かのもの迎撃戦。
 
以上が、かのものを止めるプランである。
和解する、という意味では、ドラゴンや橙と共に時間犯罪とTLOを監視し、
新たに出現しないよう、見張る体制を設けてから去ることが大事である。


○緋璃・ロッシ

+ 芝村 > 脱線気味といえば、城だけではなく、もう一人、脱線気味だけどすごいの掘り出してる人がいる。 緋璃・ロッシだ。 (10/16-00:22:34)
+ 芝村 > 世界の崩壊がなんで、セントラルにおちると、なんで石になるのかとか、ついに解き明かした功績は巨大だと思うが。 (10/16-00:23:22)
+ 芝村 > というか、ここまでで時間切れしてる感が濃厚です(笑) (10/16-00:23:53)
+ 芝村 > 昔、ワールドゲートといわれていたものが、DAルグウェールによってワールドタイムゲートに修正されて12年ぶりに、はじめてワールドタイムの意味を再発見したのは大きいね。 (10/16-00:27:23)
+ 芝村 > 世界が並行世界なだけでなく、時間の流れも意味していたとき、世界が崩壊するというのは時間の崩壊も意味する。 (10/16-00:28:15)
+ 芝村 > 過去から未来までの世界が1つを除いて崩壊したとき、後に残るのは、時が停止した場所だ。それが、エレル。あるいはセントラルに落ちることだ。 (10/16-00:29:13)
+ 芝村 > そこでは人は、石のようになる。 アイドレス1が終了したときのように、青い雪がばんばんふって、だれもかれもが動きをとめていくわけだね。 (10/16-00:30:11)
+ 芝村 > パーフェクトワールドはとまってるよ。 いつまでのある日を再生し続けている。 (10/16-00:32:57)
+ 芝村 > ということで、1級をやりたいがまあ、準一級にしとこうか。でもまあ、課題があたってたら、文句なく一級でした。 (10/16-00:33:54)
 


 
/*/
 
緋璃 さんの発言 :
すみません、1級試験関連で少しお伺いしたいんですがお時間いただけますか?
 
芝村 さんの発言 :
どうぞ
 
緋璃 さんの発言 :
えーと、私の準1級昇級理由が世界崩壊まわりとかワールドタイムゲートの意味を解き明かしたこと、だったかと思うんですが
そもそも答案でほとんど触れていた覚えがなくてっ(汗
#最終的にSエンドを目指す方法としては、あれを止めれば崩壊した世界が復活するはず、という言及だけで十分だと思いましたので
 
芝村 さんの発言 :
ああ。
それまでの質疑内容含めた総合判断だよ。
 
緋璃 さんの発言 :
なるほど。
えーと、答案まとめた意味はなんだったんだろうorz いやまとめきれてないんですけどね!
……さすがにあれなんで、1級試験答案公開時に、あわせてここら辺の考察をちゃんとテキストにまとめようかと思うんですが、ご確認お願いしてもよろしいでしょうか?
 
芝村 さんの発言 :
ええ。
  
/*/
 
以下、追加の答案になります。
 
/*/
 
参考質疑:http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=10
 
2010年10月3日のNWCで、「世界というのは時間の連なりではない。 世界間の連なりが時間だ。 並行世界は同時に過去と未来でもある。」という話がありました。
また、過去に生活ゲームでハードボイルドペンギンが、世界の崩壊とは「永遠の命、子孫のない世界、壊されざる世界、全てが石の世界」になることだと説明しています。(出展:http://d.hatena.ne.jp/akari_k/20071113/1196937112
 
つまり、無名世界観においては、時間が滞りなく流れるためには他の世界との接続が確保されている必要性があります。
仮に何らかの原因で完全に他世界との接続が切れてしまった場合、平行世界――つまり、過去と未来がなくなることになります。
そのため、他世界との接続が切れると、その世界は時間が停止したような「全てが石の世界」となります。
世界の崩壊とは物理的な消滅等を意味するわけではなく、このように「石」になることを指します。
 
各世界は、単に情報を補完し合う必要性があるというわけではなく
他の世界と適切な時差のあるワールドタイムゲートを通して情報のやりとりがないことには、
時間が停止してしまいます。
 
逆に言えば、すでに「崩壊」してしまった世界に対して、
再び適切な時差でゲートを維持することができれば、
アイドレス1の終盤、青い雪の影響で石になったACEが再び元の姿を取り戻したように、
今は石になって(崩壊して)いる世界も復活する可能性が高いでしょう。
 
また、余談ですが、CWTGは「全ての世界を時差0でつなぐ」と言われています。
時差0ということはつまり全ての世界が同じ時間になるのですから、過去も未来もなくなってしまいます。
このため、CWTGと常時つながってしまっている世界は、過去も未来も失って、時間の動くことの出来ない「石」の世界になります。
 
エレルが崩壊した跡地にこのような特性を持つCWTGが出来、そこにあれがいると言うこと、
また前回の悲しみの聖戦時にはグランドクロス(=複数世界が時差0でつながっている現象)がおきていたことと、
上記の世界崩壊に関する考察にどんな意味があるのか、それは今後考えていくべき課題だと思います。
 
/*/(以下、初期の答案)
/*/
 
#以下、特に出典の記述がない場合はhttp://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgiを根拠にしている。
 
Sランクを達成する上で必要なものとして、
1)かのものを含む全ての勢力との和解
2)7つの螺旋の維持
3)「未来を変える運動」の条件達成
4)最初の時間犯罪の特定と解決
が挙げられる。
1は言うまでもなく、ルールブックにあるSランクのエンディングの定義。
2は、A・Bランクの定義より「ACEが帰る世界」がSランクにおいても必要になると考えられるため。また絢爛舞踏祭のブックレットに「閉じていく世界を減速させ、ふたたび美しい螺旋を取り戻させる状況で起きた」とあることから7つの世界があることが正しい状況と推測できる。
3・4は今回の試験時の質疑でその必要性が明言されている。
 
まず問題を細分化すると「1)全ての勢力との和解」は、以下の3つ+1に大別できる。
1−A)かのものの生成原因の解明
1−B)各オーマ(≒根元種族)との和解
1−B’)付随して、宇宙怪獣との和解
1−C)GIGUとの和解
1−D)そのほかの勢力の調査
クーリンガンは既に和解済みとのことなので除外する。神々や竜とも、現時点では敵対関係にはないだろう。
また、http://blog.tendice.jp/200703/article_20.html等で根元種族はオーマのことと言われているので、ここではオーマに含める。
 
まず1−A)だがこれは本題になるため後述する。
1−B)だが、「オーマ勢力は単にセントラルに落ちない速度があり、かつ世界閉鎖していない世界にいたい」という推論が肯定されている。
かのもの問題が解決し、世界が崩壊しなければ、また(地べたすりを見下しているオーマもいるので)対話するに足る存在だと認められれば和解は成立すると考えられる。
よって、1−B)に関しては、残存オーマ勢力の位置の確認程度に留め、1−A)の解決に注力すればよい。
1−B’)の宇宙怪獣についてだが、http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11791http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12126http://cwtg.jp/nwclog/2010/9/26.html等で赤ないし橙のオーマの可能性が有力視されているのでここでは1−Bに含める。
宇宙怪獣に関しては、かのものの生成原因の解明を通じて和解しようとするより以前に攻めてくる可能性が非常に高いため、また現時点では確実に負けると占われているため、その戦力の推定や対抗策の検討は急務になるだろう。
1−C)には、顔のない男等が含まれる。トップエースと敵対していることは明らかだが(かつて和錆さんの生活ゲームで登場した際の台詞等より)、その目的は判然としない。和解するためには敵の目的の理解ないし戦力での圧倒が必要になると考えられる。活動が非常に限定的であることなどから少数で動いている可能性が高く、顔のないシステムの解明さえ出来れば対抗できる可能性はある。顔のないシステムについては、
1)情報戦  #情報戦を得意とする組織が重点的に狙われていたことより
2)トップエースのもつ対かのものの絶技  #かのものも同様に視認不能であるため類似のシステムの可能性が高い
などが考えられる。また、絶技ではないと視認できないかのものないしその類似の顔のない男については、絶技以外で対抗不能な以上、絶技を使って隠蔽を行っている可能性が高く、この場合、「弱い絶技反応」を活用すれば見える可能性もある。
1−D)については、未知の敵対勢力が居る可能性である。http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11349で外宇宙探査機の開示が推奨されていることもあり、宇宙に重点を置いた他勢力の捜索も必要になるだろう。
 
次に、「2)7つの螺旋の維持」だが、この方法はhttp://kaiho.main.jp/hosimibbs/nisetre.cgi?no=1999で考察済みなのでここでは割愛する。
結論だけ言うと、1−A)かのものの生成原因の解明 さえできれば、今は石になっている世界は復活する可能性が高い。
 
「3)「未来を変える運動」の条件達成」だが、これは
3−A)ヴィクトリーを消滅させない
3−B)人間の形質を守る
3−C)空間移動を航路系以外行わない
の3つがある。かのものの生成原因は1−Aで既出なのでここでは割愛する。
 
3−Aだが、諸々の理由によりヴィクトリーは現在存在しなくなっている可能性が高い。時間犯罪を起こさずに(ないし竜との関係を崩さず世界を崩壊させない方法で)、ヴィクトリーの存在する世界を取り戻す必要がある。
 
3−Bだが、akiharu国の卵問題も一応の解決を見ており、また特殊な子どもも減ってきている今、人の形質問題は改善されつつある。今後は竜などの協力を得つつ新規の問題がないか引き続き監視を行えばいいだろう。
3−Cは、リンクゲートなどは航路系に含まれると考えられるので現状を維持すればよいはず。
 
「4)最初の時間犯罪の特定と解決」だが、これはかのものの生成原因と密接に関係していると考えられる。
・これまでの推察よりSランクへの一番の障害はかのもの
・かのものの存在は時間犯罪
・かのものは悲しみの聖戦以前から存在する古い時間犯罪
などが理由に挙げられる。
 
ここからは推測になるが、
・かのものはCWTGにいる
・エレルは破壊され、CWTGになった
・世界を取り込んだ世界がエレルを再び作る可能性がある
ということから、かのものは世界を取り込みエレルを再生させる一種のシステムの可能性がある。
この場合は、最初の時間犯罪はおそらく「エレルの崩壊」であり(当人のサトルさんも何が起きたか把握していないことから、誰かがホーリーグレイルで介入していた可能性を否定できない)、かのものの生成原因はエレル再生に必要な何か、である。
例えば大きな可能性は、エレルに必要とされる可能性がある。
 
とはいえ、アルファシステムサーガの悲しみの聖戦時のグランドクロス(第1〜第6世界のワールドクロス)はかのものが起こしたという説もある、という記載が気になる。
悲しみの聖戦時点ではエレルは存在していたはずで、このとき、世界を時差0でつなぐCWTGはなかったはずだ。エレルがもともとCWTGとほぼ同程度の機能を持っていたのだとすると、エレルの崩壊は最初の時間犯罪とは言いがたい(エレル崩壊以前も悲しみの聖戦が起こっているため)
 
いずれにせよ、最初の時間犯罪・かのもの周りはまだ情報が足りず、星見司での今後の調査が重要となるだろう。
 
まとめると
0)最初の時間犯罪の特定と対策
1)かのものの生成原因の特定
2)GIGUとの和解  →目的の調査・顔のないシステムへの対抗策の捜索
3)宇宙怪獣との和解  →ひとまずは戦闘準備
4)ヴィクトリー=ヴィクトリーが生まれる歴史の維持
E)他勢力の調査(宇宙探査)
がSランクへの道といえるだろう。
 


○時間犯罪

+ 芝村 > というあたりで、次は時間犯罪をおっていったパーティをみようか。 (10/16-00:37:44)

○涼原秋春&444

+ 芝村 > まずはで。akiharuと444はセットかな。 でも彼らのポイントは、時間犯罪よりは未来を変える運動についてのところだ。ヴィクトリーの条項だね。 (10/16-00:39:00)
+ 芝村 > ヴィクトリーが今いないので、Sはとれない →みんなでがんばってどこからか生やそうぜ。 というあたりの指摘が、実はとても大切。 (10/16-00:39:48)
+ 芝村 > ま、akiharuと444については、続いてそのまま、ヴィクトリー探索と、生やすための努力の呼びかけよろしく。 一番近いのはクレールだが、正直、色恋を世界の存続にからめるのもアレなので、それ以外ルートで。 (10/16-00:45:34)
+ 芝村 > 内容的には2級+だね。ヴィクトリー生えたら2人そろって準1級とします。 (10/16-00:47:27)
 


1級回答
02-00027-01:涼原秋春
02-00028-01:444
 
設問:Sランクを取るにはどうすればよいのか
 
●回答内容
 
Sランクについて、アイドレスルールブックには以下の通りある。
 
>t:エンディングランク ={
>エンディングを定めたもの。Sと、AからEまである。

>S =全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。
>   グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
 
このSランクのために必要なのは、
全ての敵対勢力との和解、及び未来を変える運動の条件達成だと考えられる。
(国内情勢の安定も必要だが、これはまあ、がんばるということで)
 
○未来を変える運動について
 
未来を変える運動の条件だが、
 
>2.人間の形質を最後まで守ること
>3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
 
こちらについては現状の運動をそのまま続ける。
 
>1.ヴィクトリーを消滅させないこと
 
こちらについては現在ニューワールド上にイグドラシルがないため存在しない、とのことなので、
何らかのアクションをもて再度どこからかイグドラシル枝を出現させる必要があると考えられる
 
例:ヴィクトリーと関係のあるACEの取得
 
>4.名を呼んではならぬものの生成原因をつきとめること
 
こちらについては敵対勢力との和解で詳しく述べる。
 
○敵対勢力との和解について
 
この命題は、以下の2つに分割できる。
 
・どのような敵対勢力があるか
・敵対勢力とどのように和解するか
 
これらについて、まずどのような敵対勢力があるかを述べる。
 
1:宇宙怪獣、及びその背後と考えられるオーマ勢力
2:世界移動組織(GIGU、オデッセイの複合)
3:名を呼んではならぬ存在
 
・宇宙怪獣、及びその背後と考えられるオーマ勢力
 
前ループの生き残りであるオーマの勢力。
 
オーマ勢力が世界を壊しながら飛び回っているのは
単純に、セントラルに飲み込まれない速度の世界を求めているからである。
世界を破壊して加速を行い、閉鎖前に次の世界に移動する、と言う流れである。
 
ただ、残存世界数はもはや数えるほどしかなく、いよいよ逃げ場は無くなっているので、
この勢力とはまだ対話の余地が存在すると考えられる。
 
向こうの目的も生存のための逃避行なので、
戦闘で撃ち破って世界を破壊するだけの力を削ぎ、同時にこちら側の力を示すことが出来れば、
世界をセントラルに落ちないように残存させるというプレイヤー目的に引き込むことが出来ると考えられる。
 
なお、オーマの世界への定着に関しては、
ニューワールドでは黒オーマの例があるので不可能というわけではない。
 
・世界移動組織(GIGU、オデッセイの複合)
 
この勢力の狙うものは世界を単独世界にし、結果としてセントラルに落とすことにより、
全ての原型を揃えたエレルを再構成する事であると考えられる。
(エレル再構成の先の何かを狙っているのかもしれないが、
 少なくとも過程としてエレルの再構成を狙っていると考えられる)
 
もちろんプレイヤーとしては相容れることが出来ない目的であるので、
残念ながら武力をもてこれをあきらめさせる、あるいは組織を壊滅させるしか無いものと考えられる。
 
なお、現状彼らはNWを攻めて来ているが、
NW勢力が手ごわいと感じた場合、他の世界を破壊してNWを唯一の世界とすることで
目標を達成することが考えられる。
 
このため、他世界遠征も考慮した上で編成する必要がある。
 
・名を呼んではならぬ存在
接触してもよいことはない、ということなので、必要なのは向こうから接触してくるケースをなくし、
かつ生成条件を把握することだと考えられる。
Sランクには最初の時間犯罪が関わっているということや、時間犯罪は連鎖的に影響を増大させることから、
現在この存在が迫り来ているのは最初の時間犯罪が起こした影響だと考えられる。
そのため、最初の時間犯罪対策をもって和解策に代えることができると思われる。
 
○最初の時間犯罪について
ここで指す最初の時間犯罪とは、Sランクを取るのに関係する時間犯罪のことと定義する。
 
これは「クーラベルカルドによる日和子の殺害」であると考えられる。
クーラベルカルドの行動によって起きる現象は「世界のファンタジー化」とされており、
もともと太陽の女神の復権により目的を為そうとしたと考えられる。
だが、拒否した日和子はクーラによって殺害され、代わりに玖珂光太郎が太陽神となる歴史が発生した
しかし、光太郎の作る歴史は絢爛世界であり、これもファンタジーではあるが、科学方向の歴史である。
 
ドラグゥーンマイトさんとバルクさんは世界の崩壊に備え、魔法を高めることについて
「科学だけでも、筋肉だけでもだめ」と答えているが、
日和子から光太郎に太陽神が移ったことにより世界に魔法の力が欠け、七つの世界がバランスを失ったことが
名を呼んではならぬものを呼んでいるのではないだろうか。
(付け加えれば、エレメンタルギアボルトでアルスマグナが行われたことで、その分の魔力が消費され、
 バランスを欠く発端になり、魔力が減少する情報が世界に波及し、魔力減少の方向に歴史をゆがませたとも考えられる)
 
この推論が合っている場合、新たなる太陽の女神を立てる、あるいは別の手段を探すことにより
世界の魔法力を高め、有るべきバランスを取り戻すことが対処法であると考えられる。
 
○名を呼んではならぬ存在の生成原因について
 
名前を呼んではならぬ存在はオーマの支配者とも呼べる存在であり、
オーマが暴走することでそれになったという事例もある。
このことから、生成に関してはオーマ覚醒と同じように考えてよいものと思われる。
すなわち、ゲート通信の結果、禁忌の存在と「同じものである」とされることで生成されると考えられる。
(オーマ覚醒はオーマ原型の構成リューンを含む存在が、原型と一致する事で起こる)
また、誰もがそれの名を呼ぶとき、それが現れるというのは、
情報集積の結果「それはそこにいる」という状態になってしまうからだと考えられる。
 
ヤオト化という現象は名を呼んではならぬ存在の影響を受け、生物がより力を持つ何かへと変化する現象であるが、
「それ」の活性化によって発生するというのは、
あらゆる状態の完全体である存在の構成リューンの影響を受け、力を得た状態だと考えられる。
一方で、これは多少なりともその存在の原型と一致してしまう事とも同義であるため、
きっかけを得ることでオーマ覚醒するのと同じように、その存在そのものへとなる起爆装置が埋め込まれたようなものである。
 
生成への対抗は、距離概念の克服、生死概念の克服といった、
名を呼んではならぬものの特徴を再現しようとしないことが第一である。
特徴の再現の結果、原型との一致、そして変容が発生する。
 
なお、未来を変える運動の「人の形質を守る」は
これ以上名を呼んではならぬものの原型に近い要素を得ないようにすることであり、
「空間移動系は航路移動のみにする」も距離概念克服による特徴再現を防ぐという意味があると考えられる。
 


○久珂あゆみ

+ 芝村 > 次。久珂あゆみも、ヴィクトリールートから考察してるが、善政について言及してるのが大きいね。 (10/16-00:51:44)
+ 芝村 > 久珂あゆみについても、2級据え置きで。 これもまた、内容に問題や不満はない。 コメントするといい話としてまとまってるよね。 (10/16-22:07:27)
 
+ 芝村 > 善政はたしかに、Sへの道の一つではある。まだ、規定数の10には届いてなが。 (10/16-00:52:20)
+ 芝村 > 今、善政でそう(リーチ)なのは、 星鋼京と暁の円卓、フィーブルかな (10/16-00:53:27)
+ 芝村 > ちなみに、なんで善政がSにきくかというと、城がこれをとき明かしていてな。 (10/16-00:55:25)
+ 芝村 > Sをとった後、プレイヤーが触らない12年(アイドレス時間)ができる。その間にアイドレスの情報をもとに、世界情報が伝播して、一周。 (10/16-00:57:02)
+ 芝村 > 善政輸出してもその先が善政にはなるとはかぎらんぜ。すでにどうやっても無理な国がいくつかある。宰相府とか。 (10/16-00:58:14)
+ 芝村 > 一周まわったら、そこで全ての世界に少しの平穏が来る。 その時、問題や騒乱がおきないために善政がいる。 (10/16-00:59:27)
+ 芝村 > もちろん、それ以前に各世界を蘇らせておかないといけないけどね (10/16-01:00:21)
+ 芝村 > なので。 世界の復活→善税10個→グレートエンディングチャレンジ までは、予想の範囲なんだよね。 (10/16-01:01:48)
+ 芝村 > で。なんで個人アイドレスの浅い処からはえるのか、か。教えてやろう。 それはSだからだ。 (10/16-01:04:50)
+ 芝村 > 善政というのは、国の勝利だ。 世界の復活は、世界の勝利だ。 (10/16-01:05:32)
+ 芝村 > 家庭の平和は、生活ゲーム系プレイヤー、個人の勝利だ。 上から下まで全部の平穏と勝利をもって、Sとなす。 (10/16-01:06:18)
+ 芝村 > まあ、鷹臣はうまくやるだろう。 (10/16-01:08:48)
+ 芝村 > 越前の処は、後一歩だな。 (10/16-01:09:00)
+ 芝村 > えっと。あおひとや高原、青狸からは絶対生えてこないんだよ。グレートエンディングチャレンジは。 (10/16-01:10:34)
+ 芝村 > ま、最初からうまくいってるところからぺろっと出てくるわけないだろう。それは善政も同じ。 (10/16-01:12:11)
+ 芝村 > それらは苦労の末にしかでてこない。 (10/16-01:13:49)
 


03-00045-01:久珂あゆみ:2級
 
1級試験解答をおくらせていただきます
 
/*/
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
前提:
Sランクへの行き方、つまり アイドレス終了時にランクSで終わるために現状PLがすべきこと、対策 という解釈でクエストうけさせていただきます。
 
事実
1.S =全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”http://blog.tendice.jp/200804/article_21.html(アイドレスルールブック)
2.現在のEDランク「C 国内情勢がわるくなってる」 http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=3
3.未来を変える運動 http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%CC%A4%CD%E8%A4%F2%CA%D1%A4%A8%A4%EB%B1%BF%C6%B0
>緋璃 の発言:
>4つの条件満たしなさいって言うのが分かるイベントであって
>満たしたら何か起こるってわけではないんですよね?
>未来を変えるための必須条件ってだけで
>芝村 の発言:
>満たしたらプロモかけるといい。一個やるたびにプロもしてもいいけど
4.世界の危機百連発 http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%C0%A4%B3%A6%A4%CE%B4%ED%B5%A1%C9%B4%CF%A2%C8%AF
5.現状の敵対勢力についてのクエスト http://kaiho.main.jp/hosimibbs/nisetre.cgi?no=1563
6.9/20 NWCでの宇宙情勢質疑 http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12228
7.ヤオト化は疫病とされている (アルファシステムサーガ 108P 等)
8.ビクトリーの相棒は田島
>(GPO公式モバイルサイト青の章人物紹介)七つの世界を通じて最強の戦士の一人。/イルル・アイシンとハリー・オコーネルの子孫。/“ダンシングドール”に登場するビクトリー・タキガワの相棒。
9.第5の復活は ドラゴンと相談次第でできるかもしれない
>+ 芝村 > みぽりんが相談したところ、すでに死んでいるだろうという話になった。是空と海法にあやまられた。まにあわんかったと。宰相は、うーん。時間犯罪だからね。あれはと、いってる。 (10/3-10:46:15)
> 芝村 > 時間犯罪なんだから、カウンターアタックしてもいい。この件は竜と相談して動くそうだ。 (10/3-10:47:29)
10.後藤亜細亜2 #http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%B8%E5%C6%A3%B0%A1%BA%D9%B0%A1%A3%B2 亜細亜の成長#http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%B0%A1%BA%D9%B0%A1%A4%CE%C0%AE%C4%B9
11.古いデータバンク#http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%B8%C5%A4%A4%A5%C7%A1%BC%A5%BF%A5%D0%A5%F3%A5%AF
12.発掘突撃艦レガシー#http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%C8%AF%B7%A1%C6%CD%B7%E2%B4%CF%A5%EC%A5%AC%A5%B7%A1%BC
13.レガシー発掘場所#http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=26420
14.小説アイドレス外伝 Valentine's Day http://blog.tendice.jp/200902/article_19.html
15.ニーギ・ゴージャスブルーhttp://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%A5%CB%A1%BC%A5%AE%A1%A6%A5%B4%A1%BC%A5%B8%A5%E3%A5%B9%A5%D6%A5%EB%A1%BC
16.世界モデル http://kaiho.main.jp/hosimibbs/nisetre.cgi?no=2005
>第3問:最新の世界構造モデル(今日の夕方が最新です)で世界がル-プする理由を述べなさい。
>第3問:各並行世界が過去未来の関係になるように、並行世界間で情報補完が行われ、第7の未来が一番過去である第1になるため
 
推論
まず、Sランクの定義が 「全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く」となっている。
当たり前の話であるが、現状敵対している勢力との最終的な停戦が必要不可欠になってくる。
現状判明している敵勢力については 別途クエストが進行しており、こちらで把握できるはずである(1、5より)
また、敵ではなかったにしろ 一度すれちがったとおもわれるネーバルについても事実6より
再度和解のチャンスが訪れていると推測できる。
 
そしてSにするためには その前段階のAの条件も満たす必要があると考える。
>A =全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。個人ACEつきプレイヤーも分身や、あるいは介入でACEについていくことが出来る。→NEXT GAME 1年のお休みのあと、”大儀式魔術 ガンオーケストラ”
「全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき」とあり、全てのACEが帰れる世界を取り戻す必要がある。
世界の復活については現状 第五の消滅が時間犯罪であるため 竜との協議が考えられている。(事実9より)
その他の世界についても別途クエストが必要とおもわれる。
 
また、以前Bランクといわれていたエンディングが 国内情勢の悪化によりCになっているとされている(2より)
これについては、各国が善政に励み安定をさせることも必要であるが
敵対存在により国内があれている(宇宙怪獣騒ぎ由来の治安の悪化など)場合もあり
こちらは別途対応が必要&連鎖的に解決するものもあると考えられる。
 
事実4の内容から 4=T19の様子(つまりアイドレスが終了目前の未来の様子)であると考える。
事実14で 小カトーが「ニーギとダガーマンを送り届ける」といっていること
事実15の周辺環境である国はT19で生き残っていると予想されている国といわれていたことから
小カトーが時間移動→T19でニーギを送り出す→アイドレスとしてのニーギ登場 流れと考えられる。
 
また、事実4、12、13よりレガシーが発掘された場所、時期が E136であることや
(このときちょうど転送術士の重ねがけにより空間に穴が開いており、3面作戦の各々が別の戦場へ援軍移動していた)
古いデータバンクの派生(#未来技術の解析(イベント))
から、レガシーは 時間移動してきた未来のもの=アイドレスのT19付近のもの、もしくは 未来にあたるループのモノと考えられる。(事実16の世界モデルより、第七の未来が第1になり世界がループしている)
悲しい未来を良い方向に変えるために過去に送られたデータである ととることもできる。
 
T19の未来、またそれより先の未来をよい方向に変えるために(=Sランクへ近づけるために)必要なことが 未来を変える運動であると推測できる。
#   1.ヴィクトリーを消滅させないこと
#   2.人間の形質を最後まで守ること
#   3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
#   4.かのものの生成原因をつきとめること
 
1.については 
>+ 海法 紀光@星見 > あれ、藩国ACEの場合は、どうなるのかな? (10/2-15:43:35)
>+ 山吹弓美 > だから仲良くならないといなくなっちゃうんじゃないですか?>海法さん (10/2-15:43:57)
>+ 芝村 > 山吹冴えてるな… (10/2-15:44:39)
上記のようにいわれているが、ヴィクトリーは元藩国ACEであるが現在芥辺境藩国は 準藩国化しており
また、彼を個人ACEにしている人も現時点ではまだいない。
ヴィクトリーの存在はNW上のACEとしては不安定であると予測される。
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=14(琥村さんの質疑回答)
にもあるように、ヴィクトリーは現在消滅しており彼をNWの時間上に復活させるためには
愛による介入、つまり 微笑青空勲章、もしくは優月夜曲勲章の取得が必須ではないかと考える。
 
また 今後戦場で生き抜くという意味でも、相棒であるとされる 田島の存在は彼にとって重要であると考える。
これについては 第五復活がなされれば同時に解決すると考える。
#余談ではあるが 第五の歴史が戻れば 青いオーケストラの発動条件がととのうかもしれない
 
2について、
カマキリやムラマサについては 現在寛容の秘宝により 解決の方向へ動いており
PL全体も人の形質を意識してプレイしているとおもわれる。
ただし、妖精である猫妖精と人間の子どもは人の形質から外れないのか
人の形質とは何か。暖かい家庭はどうして人の形質を守るのか などの疑問もある。
これらを解明し 解決にもっていくため 別途クエストが必要と考える。
 
3について
これについては現在 空間固定装置の二重の封印により守られている。
これが破られないよう、また抜け道などが無いよう留意することが重要かとおもわれる。
 
4について
「その言葉を呼べば呼び寄せる」存在との和解に、理解も接触も必要ないといわれていること
また、その存在は 疫病のようなものといわれていること
そして 「生成原因をつきとめる」といわれていることから
対話というより 病気の根治のような対応が必要と考えます。
この内容についても 別途クエストだろうと考えます。
 
さらに、事実10より 後藤亜細亜ちゃんの存在が アイドレス継続に不可欠であり
これを守りぬくことも必須であると考えます。
 
結論
アイドレス終了時にランクSで終わるために現状PLがすべきこと、対策は
 
全ての敵を打ち倒し 和解し 銃を置く。
未来を変える運動の条件を満たし
また、ACEが帰る世界を復活させる。
亜細亜を守り、善政に励み、平穏な日常の中で暖かい家庭を持てるよう努力する。
 
それらを行うための 課題、謎を
星見司の手で解明究明していくこと。
 
とさせていただきます。
 
余談ながら、星見司という組織について
いままで能動的な行動があまりみられませんでした。(私も含めです)
>+ 芝村 > うんうん。星見がイベントを企画すれば、できるようにしよう。いや昔からそうだったんだけど (10/2-23:51:58)
 
>+ 芝村 > みんなで解くチャンスは、いくらでも作れるよ>城 二級なんだろう? (10/3-13:53:47)
>+ 芝村 > クエストを立てればよい。 景品つけてよの話も、まあ、相談には乗るよ (10/3-13:54:10)
>+ 芝村 > ま。盛り上げてくれれば嬉しいね。俺が言うのだけが、アイドレスではないので (10/3-14:01:31)
 
これは爆発の危険を恐れ 消極的になっていたこともあるとおもいます。(現状も慎重にならないといけない場面ではありますが)
しかしながら今回の試験にて星見が動かないとSランクを取るのは到底難しいとあらためて気付かさせていただきました。
おそらく 他の方とは違うまとめ方となったとおもいますが
星見が積極的に行動することもSランクに行くために 必要な道筋だと回答させていただきます。


○瀬戸口まつり

+ 芝村 > つきやま、クレール 琥村 祥子。これらは基本を押さえてやっているね。内容的に文句はないが、目立つところもなし。まあ、2級据え置きで。 (10/16-22:05:02)
 


00-00526-01:瀬戸口まつり:2級
 
飛び入りをお許しいただけるということでしたので、提出いたします。
よろしくお願いします。
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
解法:求められているのは「Sランクへの行き方」ですので、現状不透明なSランク達成に必要なマイルストーンを明確にすることも不完全ながら解答の一つになろうかと考えました。
 
1.Bランク達成の障害となっている、”それぞれの世界”の不在を復旧させ、「世界が平和になる」を達成するために【ただちに世界崩壊が起こる状態を回避する】
 
2.Aランク達成のために、【プレイヤーが第一世界から介入可能な状態を確保する】
 世界の情報接続がとぎれなく、7つの世界(それぞれの世界)がループを描く世界を取り戻す。
 
 上記について、
 世界の不在を取り戻し、らせん構造に戻すことは現状からでは難しい。
 並行世界がらせん構造を失うことになる発端の時間犯罪を発見・確定して,これを修正する。
 
 世界は時間犯罪・空間跳躍で世界の耐久力・他世界との接続を弱め世界の滅亡(情報補完が不可能になり飛びさるかセントラルから逃げる速度を失ってセントラルにおちる状態)にいたる。
 各世界は本来ループを描いて並行して進行していたのにその状態が失われたのは本来の「並行世界の歴史」にない時間犯罪が行われた可能性がある。
 
【論拠】
上級クエストその5
http://kaiho.main.jp/hosimibbs/nisetre.cgi?no=1773
時間跳躍や空間跳躍が危険なわけ。
 
最新の世界モデル
http://cwtg.jp/nwclog/2010/10/3.html#11
+ 芝村 > 世界というのは時間の連なりではない。 世界間の連なりが時間だ。 並行世界は同時に過去と未来でもある。 (10/3-11:43:25)
+ 芝村 > 一般に言われているリフレインとは並行世界間の情報補完が行われているだけの話で、特殊ななにかが起きているわけではない。 (10/3-11:44:21)
+ 芝村 > そして時間犯罪が起きると・・・(笑) (10/3-11:44:49)
 
3.Sランク「すべての勢力が和解して銃を置く。」を達成するために…
 和解とは互いに理解し、尊重し、共存を選ぶことである、と考える。
 
  戦争は外交であり戦闘は自衛である。話して分かる相手とは充分に対話を行い、外交で共存をはからねばならない。
 これまでのアイドレスの歴史において、外敵の侵攻はこれを防衛し、武力衝突を治める目的で戦闘を行い、その結果としての平穏を勝ち取ってきた。
 
 名を呼ぶことができない敵については「接触も和解も不要」といわれているが、<未来を変える運動>において世界崩壊の未来を変えるための内容が示されており、名を呼ぶことのできない敵の生成原因をつきとめることが指示されている。
 活性化したそれは世界を崩壊させるため不活化が必須であるが、もしそれに「生成原因」があるとすれば、原因をつきとめることで生成を防ぐことが可能になるかもしれない。
 
#オリジナルヒューマンという呼称、ヤオトはそれに人が近づいていくことであることから、並行世界そのものが”その存在”ぬきにありえない可能性もある。
#その敵が存在しなければこの世界も存在しないのであれば、ヤオトの進行、それの活性化を防ぐことで世界崩壊を防ぎ、平穏を得るしかない。
 
#現在の考察はここまでとなります。
#勉強と時間不足で、おのおのの細かい考証を行うにいたらず、解答になっていないかもしれません。
#アイドレスからの参加者として現状精一杯の整理を行いました。お目汚し失礼いたしました。
 
ルールブックオブアイドレス2 0729(1)
http://blog.tendice.jp/200807/article_60.html
#    S = 全PLとACE、エースと非エース、
#        かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング。
#        → NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
# 
#    A = 全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。
#        個人ACEつきプレイヤーも分身や、あるいは介入でACEについていくことが出来る。
#        → NEXT GAME 1年のお休みのあと、”大儀式魔術 ガンオーケストラ”
# 
#    B = 全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。
#        → NEXT GAME ”アイドレス・システム3”
# 
#    C = 現状維持のまま、時間切れ(ターン19エンド)が起きた場合。
#        → NEXT GAME ”アイドレス・システム3”
# 
#    D = 世界の崩壊と再ループの開始。かのものは世界の崩壊をもって撤退する。
#        → NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
# 
#    E = 亜細亜の死亡
#        → NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
 
#L:未来を変える運動 = {
# t:名称 = 未来を変える運動(イベント)
# t:要点 = 未来,イメージ,目をつぶる
# t:周辺環境 = 密室
# t:評価 = なし
# t:特殊 = {
#  *未来を変える運動のイベントカテゴリ = ,,世界イベント。
#  *未来を変える運動の位置づけ = ,,{特殊イベント,自動イベント}。
#  *未来を変える運動の内容 = ,,以下を行う必要がある。{
#   1.ヴィクトリーを消滅させないこと
#   2.人間の形質を最後まで守ること
#   3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
#   4.かのものの生成原因をつきとめること
#  }
# }
# t:→次のアイドレス = なし
#}
 
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=8
#>Q3:
#>「その言葉を呼べば呼び寄せる」存在との和解に、理解(よく知る為の調査や接触)は必要ですか?

#おお。なんださいきんのあんぐらさんは。さえとるね。
#いや。必要ないというか、おそらく接触しても、いいことはない。

http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=10
#>Q4:
#>「その言葉を呼べば呼び寄せる」存在との和解に理解は必要ない、とのことですが、
#>世界創世樹の起動する以前からあること、その性質が変わっていないこと、ヤオト(ならびに各世界の基幹技術等)と関連があることから、あれはそもそも生命体というより一種のシステムのような気がしています。
#>問題を回避する(=和解する?)上で、生成原因の解明(という方向での理解)は必要になってくると思うのですが、どうでしょうか?

#まあ、そのものの理解と生成原因の理解は別物よね。いいんじゃない?


○クレール

+ 芝村 > つきやま、クレール 琥村 祥子。これらは基本を押さえてやっているね。内容的に文句はないが、目立つところもなし。まあ、2級据え置きで。 (10/16-22:05:02)
 


01-00010-01:クレール:2級
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
本試験問題について,目標を明確化するために次のように再定義を行う。
 
再定義:EV168終了時点から,アイドレス2をSランクで終えるために必要なアクションを推測する。
 
○現状の見通し そもそもの前提として
現時点でエンディングランクは国内情勢が悪くなってきた結果Cになっており,
それを差し引いてもB,うまくいってAで終わる,が少し前の現状である。
 
以前にも指摘されているが,残された課題に対して時間が押し迫っている。
EV168で指摘・把握されている残る敵対勢力は
a.宇宙怪獣
b.顔のない男(GIGU+オデッセイ)
c.アルス・マグナで目覚めた存在(及び必要であればそれと同種のものたち)
である。
(それ以外の敵対勢力の存在の可能性については,念のため過去の記録を再整理しておいたほうがいいと思われる。)
 
aは至近の問題であり,裏では既に対応ができる見通しが立っているものと思われるが,
bに対しては現段階では敵のアクション待ち,cに至っては準備の何一つもないといっていい状態である。
このままでは確かに,宇宙怪獣を倒してBランク,運良く顔のない男を倒せればAランクといったところだろう。
さらには,それに対応するための残されたターンは今や2ターンしかない。
 
過去にも同様の話があり,そのときは芝村さんが情報を率先して整理し導いていたが,そのときと同様に物事を整理・スタックさせ,
あるいはナンバリングイベントを超えてプレイヤーのリソースを全て動員する意気込みを皆で示さないことには
Sランクへの到達は夢物語である,と言わざるをえない。
プレイヤーの一致団結は藩国の内政にも良い影響を与えると思われるので,国内情勢の安定化の一助ともなるだろう。
 
○Sランク到達となりうる要因の整理
質疑およびこれまでのイグドラシルから、
・<未来を変える運動>の達成、すなわち
 1.ヴィクトリーを消滅させないこと
 2.人間の形質を最後まで守ること
 3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
 4.アルス・マグナで目覚めた存在の生成原因をつきとめること
・「最初の時間犯罪」の解明
上記5点がSランク到達となりうる要因の1つであることが判明している。
 
うち、「2.人間の形質を最後まで守ること」「3.空間移動系は航路移動に限定」については
全国的な努力がなされており、最後まで守ることができると思われる。
以下に残る要因についての考察を行う。
 
○ヴィクトリーを消滅させないことについて
ヴィクトリーは現在出身世界もイグドラシルもなく、世界に存在しない形になっている。
(絢爛世界などの消滅、芥辺境藩国の準藩国化など)
世界の復活は世界創生機械の破壊により難しくなっているようだが、
イグドラシル取得あるいは個人ACE化によってニューワールドにヴィクトリーの存在を確保することが必要である。
(そのうえで、彼の死亡や誕生阻止の時間犯罪は全力で防ぐ必要があるし、
 できるなら出身世界の復活もしたほうがヴィクトリーの消滅を防ぐことができるはずだが、
 現状、誕生阻止の時間犯罪は出身世界の消滅によって阻止されているともいえる。
#一番近いのは試練直前の私なので、試練クリアが一番短いかもしれないというオチつきです orz
 
○アルス・マグナで目覚めた存在の生成原因をつきとめることについて
神を殺したものが神になるのと同様のことが起きるであろうし、
あるいは、S43さんのような悲劇を再び引き起こさないようにする必要がある。
生成原因とは情報補完が発生する主要因とも言い換えることができ、ヤオトの防止法、とも考えられる。
そしてもし侵攻方法が各世界に自分の同一存在を作り出すことであるならば、世界崩壊の阻止となるだろう。
 
そして、倒す必要があるのであれば、無理に私たちで対応しようとせず、専用の絶技を保有する方々にお任せするのが良いと思われる。
アイドレスがゲームであるという前提において、システム上倒せない相手を倒さなくてはならない、は矛盾しているので、
ゲーム目的の達成条件には倒す必要はなく、私たちとの接触を阻止することが「和解」の方法であると考えられる。
 
○「最初の時間犯罪」の解明について
メビウスさんらによって、最初の時間犯罪のおおまかな時期および犯人の特徴までは解明されている。
http://eyedress.at.webry.info/200802/article_7.html
・「最初の時間犯罪」は 精霊機導弾〜大絢爛舞踏祭 までの間
・犯人は聖銃以外のホーリーグレイルの所有者でかつ既知の人物
現時点まで最初の時間犯罪の特定ができていないのは、
私たちが「何を見せられずに、何を見せられているのか」が不明な点にある。
これについては再度クエスト、あるいは函ゲームによって探索を再開する必要がある。
そして、最初の時間犯罪を修正することについては慎重に判断する必要がある。
それよりも、目的があっての行為であるなら、それを理解することが解明の目的かもしれない。
 
○顔のない男について
顔のない男達との対決を積極的に進めるには2つの方法が考えられる。
1.彼らの名前のあるアイドレスを、危険を承知で開く。
強引にイベントを発生させて尻尾を掴むどころか引っ張る方法である。
ナンバリングイベント外で対応を終えるには莫大なリソースがかかり推定される被害も大きいが、
十分な対応力があるなら選択の余地はあるかもしれない。
 
2.未来を変える運動を成功させる
警戒は続けるものの、先にもう一つの敵対勢力への対応を完了させれば、
その対応に便乗するか、穴を突くべく彼らは姿を現すものと考えられる。
ナイトメアに便乗して紅葉国を攻めたように。
宇宙怪獣と同時に攻めてこないのは、単に宇宙怪獣と相性が悪いのだと思われる。
(幻術であれば顔のない男たちは情報戦に弱いことは分かっているし、
 単体評価もそれほどでないので高評価に蹂躙されてしまう)
 
あるいは、宇宙怪獣を倒せばその評価から顔のない男との和解・停戦も不可能ではないかもしれないが、
どちらにしろ宇宙怪獣の対応を完了させないことにはこの線を進めることは難しいと思われる。
 
○まとめ
星見のアクションとしては次の2点が最重要項目となる。
・<未来を変える運動>を成功させる(特に4番)
・「最初の時間犯罪」を解明する(動機およびその結果について)
現時点では、私では上記2点について回答を推論するまでには至らなかった。
今回の昇級試験で解明されなかったならば、今後の継続的なクエスト挑戦が必要である。
 
敵対勢力と判断されているもののうち、顔のない男については現状手を出すべきかは難しく、
宇宙怪獣を倒してからの情勢変化に注意が必要である。
 
ヴィクトリーの消滅阻止については、鋭意努力すること。
 
以上です。


○琥村 祥子

+ 芝村 > つきやま、クレール 琥村 祥子。これらは基本を押さえてやっているね。内容的に文句はないが、目立つところもなし。まあ、2級据え置きで。 (10/16-22:05:02)
 


34-00669-01:琥村 祥子
星見1級試験
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
Sランクについてはアイドレスルールブック(http://www10.atwiki.jp/i_d_rb/pages/15.html)より
すべての敵勢力と和解して、世界が平和になった状態と考える。
また、このときにすべての世界が崩壊してしまっていると生きていく場所がなくなってしまうため、
もし和解を達成したときに、世界崩壊が止まっていなかった場合は、世界崩壊の阻止と世界構造の回復も、
Sランクを目指すためにわれわれがやるべきことに含まれる。
このことからわれわれがSランクにたどり着くために行うべきこととして、敵対勢力との和解、世界崩壊の阻止と世界構造の回復、の2つがあげられる。
 
1.世界崩壊の阻止と世界構造の回復について
未来予知能力者(http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/index.php?%CC%A4%CD%E8%CD%BD%C3%CE%C7%BD%CE%CF%BC%D4%A3%B2)の次のアイドレスとして、
強制イベントで世界崩壊のはっきりした予知が出ており、
またNWCでの会話
 
http://kaiho.main.jp/idnews/index.php/log/date/090517の芝村さんの発言
芝村> 人の形質をなくせば、星見的に何が問題になる? (5/18-02:51:12)
涼原秋春> 人間をメイン種族としている他の世界との差異が大きくなりすぎ、接続が切れます>星見的な問題 (5/18-02:52:31)
444> えーと、他の世界からは、人の形質が失われたことは、人が死んだように見えて、他の世界で人口が減るのでしょうか? (5/18-02:52:39)
藤崎> まずいものに近づいてしまう・・・でしょうか。 (5/18-02:52:48)
猫野和錆> 星見的か自信がないですが・・・;人の形質を失う、ということだとどうしてもか○○○を連想してしまいます・・・ (5/18-02:52:57)
芝村> そうね。 (5/18-02:56:11)
芝村> 接続が切れる。 あれが近づく (5/18-02:56:47)
芝村> 出来る事なら好きな人にはずっといてほしいし、死ぬことを「良し」としてる人はあまり居ないと思いますが・・ 我々とは、縁が切れる (5/18-02:57:30)
芝村> あるいは、滅ぼされる。 (5/18-02:57:48)
 

 
http://kaiho.main.jp/idnews/index.php/log/date/090526の芝村さんの発言
芝村> 敵がレガシーを百隻同時跳躍で戦闘開始。このあたりでまあ、世界自身の耐久力が問題になり始める (5/26-21:07:14)
芝村> ニューワールドだけに限ると、トラナ砲と実はそこにいたの連発+転送術師2,3回で、もう結構やばやばだったので、あわてて使うのやめた経緯がある (5/26-21:08:07)
久珂あゆみ> #それこそ竜大激怒ですね (5/26-21:08:25)
高原鋼一郎> #逆に言うと、この相手は世界がどうなろうと関係ないと考えてるか、全く知らないかな訳ですね (5/26-21:08:50)
芝村> 教えてくれたのは竜と、レガシーだよ (5/26-21:09:17)
緋璃> #えーと、教えてくれたっていうのは何をですか? (5/26-21:09:46)
芝村> 空間崩壊がやばいってことをさ。 (5/26-21:10:04)
(中略)
ポレポレ> #物凄い初歩的な質問で、「何で時間や空間を操ると世界が崩壊するんですか」と言うのが。 (5/27-01:48:50)
芝村> ポレポレの謎について言えば、空間や時間をいじると大規模な情報補完がおきる。 (5/27-01:50:06)
芝村> 情報補完がおきれば世界はその位置を変える。これを繰り返すと世界はセントラルにおちる (5/27-01:50:52)
 
より、
未来を変える運動(http://farem.s101.xrea.com/idresswiki/?%CC%A4%CD%E8%A4%F2%CA%D1%A4%A8%A4%EB%B1%BF%C6%B0)にある条件の4つのうち、
条件2と3は世界の構造を保つために必要な条件や崩壊を防ぐためのものである可能性が高いことから、
未来を変える運動とは、崩壊に進む世界の未来を崩壊しない世界に変えるものではないかと推測できる。
 
また条件1と4についてであるが、http://blog.tendice.jp/200804/article_6.htmlの考察でもあげられているが、
ヴィクトリーが「その言葉を呼べば呼び寄せる」存在に対応するべく生まれた存在である可能性が高いため、
条件1と4は関わりあいがあり、また条件4の内容から相手との和解の条件とも関わる可能性もあると考えられる。
 
このことから世界の崩壊を阻止し、世界構造を回復させるには、条件2と3を今後も維持するとともに、
ヴィクトリーの存在を取り戻し、一緒に条件4を解明させることが必要であり、そのためには今後も星見司が協力し合い、
ナンバリングイベントや独自のクエストを利用して注意深く調査を行っていくべきである。
 
○ヴィクトリーについて
http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=23より、誕生はしているようなので、
ヴィクトリー登場の保有国が準藩国化したため、その効果がなくなってアイドレス世界に現れなくなったか、
われわれの知るヴィクトリーとは別の存在になっているのではないかと考えられる。
彼の出身世界が無事であればその世界にいるはずであり、NWで女性の危機が発生したときに助けに来る可能性もあるが、
既に多くの世界が崩壊してセントラルに飲み込まれているため、もしヴィクトリーが世界崩壊に巻き込まれている場合は、
セントラルに遠征してでも彼自身を取り戻す必要があるのではないかと思われる。
 
2.敵対勢力との和解について
現在確認されている敵勢力は、未来を変える運動の条件4で生成原因を突き止めなければいけない対象の軍勢、オデッセイ、GIGU、顔のない男、宇宙怪獣、
友好的な関係になったり滅亡してしまったりしていないオーマの軍勢、があげられる。
 
いままでのアイドレスの中で、攻撃してきた勢力と戦闘の勝利なしで和解したケースは非常にまれであり、例外である黒オーマのように見合いができそうな状態でもないため、
既に攻撃を受けているこれらの勢力とは、(相手から話し合いを持ちかけてくるのでなければ)まずは戦闘に勝利して、
戦闘という手段は相手にとってよい手段ではないと理解してもらった上で、話し合いなどで互いの利益のすり合わせを行うことが必要と思われる。
 
また世界崩壊が起きていることは、敵対している勢力が攻めてくる原因となっている面もあるため、
1であげた世界崩壊の阻止と世界構造の回復は敵対勢力との和解(戦闘の理由を取り除く)役にも立つのではないかと考えられる。
 
○最初の時間犯罪について
あんぐらさんの質疑(http://kaiho.main.jp/hoshimiqa/bbs2.cgi?action=article&id=8)で
ランク上昇に、最初の時間犯罪の特定と取り消しが必要であることが判明したことについてであるが、
過去に時間犯罪があったとしても、仮にすべての敵勢力と和解し、かつ世界崩壊を止めることができた場合、その上さらに別の問題が残っているとは考えにくい。
このためSランクをとるために必要な発端となった最初の時間犯罪とは、敵勢力の発生か、世界崩壊の開始の引き金になったものではないかと考えられ、
上記2つをクリアする過程で特定と取り消しが必要になってくるのではないかと考えられる。


○高原鋼一郎

+ 芝村 > 高原。 ニューワールドの意味を推測している点が、おもろいよね。 (10/16-22:08:38)
+ 芝村 > 世界の破滅の連鎖。それをとめるためのニューワールドであり、アイドレスというゲームの目的であるという、推測だ。 (10/16-22:09:19)
 
+ 芝村 > ついでにいうと、間違ってはないね。うん。 いい推定だ。が。なんでこう、ロッシもそうだが、脱線で時間切れ、みたいな感じだね(笑) (10/16-22:10:12)
 
+ 芝村 > 高原については、準一級としようか。 (10/16-22:12:55)
 


23-00442-01:高原鋼一郎:2級
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
結論:Sランクに行くためには世界は崩壊するはずだったけど万難危難を排して世界は救われました。めでたしめでたし、の情報をアイドレスからサイレントオデッセイに情報補完することが必要である。
そのために
・あらゆる勢力との和解(絢爛世界の百年の平和の如く、争乱の芽をなくすという意味で)
・アイドレス世界の情報閉鎖阻止(アイドレスからの最終状況補完が出来なくなる)
・押し寄せてくる世界崩壊(激しく世界そのものを書き換えるレベルの情報)の情報補完の阻止(この結果をアイドレス世界で覆す、ないし阻止する事)
を、プレイヤーの介入した結果で達成する必要がある
 
前提1
t:エンディングランク ={
エンディングを定めたもの。Sと、AからEまである。
S =全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
A =全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。個人ACEつきプレイヤーも分身や、あるいは介入でACEについていくことが出来る。→NEXT GAME 1年のお休みのあと、”大儀式魔術 ガンオーケストラ”
B =全てのACEがそれぞれの世界に帰っていき、世界は平和になる。→NEXT GAME”アイドレス・システム3”
C =現状維持のまま、時間切れ(ターン19エンド)が起きた場合。→NEXT GAME ”アイドレス・システム3”
D =世界の崩壊と再ループの開始。かのものは世界の崩壊をもって撤退する。→NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
E =亜細亜の死亡 →NEXT GAME ”スピリチア・ダンス”
 
これより、Sランクエンディングとはサイレントオデッセイを行う、もしくはサイレントオデッセイへと接続する為の条件を満たすことである、とする。
 
前提2
+ 芝村 > 世界というのは時間の連なりではない。 世界間の連なりが時間だ。 並行世界は同時に過去と未来でもある。
+ 芝村 > 一般に言われているリフレインとは並行世界間の情報補完が行われているだけの話で、特殊ななにかが起きているわけではない
+ 芝村 > そして時間犯罪が起きると・・・(笑)
 
上記より、第七世界(アイドレス)で起こったことは第一世界(サイレントオデッセイ)の過去として補完される。
アイドレスの状況が悪化した場合はサイレントオデッセイへも状況が補完されてしまうため、エンディングランクがあまりにも低い場合(=D以下)は世界を閉鎖してこれに対処していると思われる。
よって、世界が閉鎖してしまうとSランクを取れなくなる。
 
前提3
 
>クエスト関連質疑となります。星見司2級を所有しております。
>よろしくおねがいいたします。
>
>Q1:現在の状態でのエンディングランクはいくつになりますでしょうか?(先日、T100の未来を見たときは BかうまくいってAだろうといわれておりました)
 
C 国内情勢がわるくなってるね。
 
とあった。
つまり敵勢力との和解だけではなく、敵や争乱となりうる要因(おそらくはムラマサの一連の騒動によって各藩国間に不和の芽が出た)
もランクには影響している。
#おそらく絢爛の100年の平和に到達するまでのシステムと同じで数十年後などに争いが起こったりする場合もランクが下がるのではないだろうか?
 
推論1
七つの世界で現在滅んでいるのは第二、第四、第五、第六。第三世界は名前を呼べないものそのものであるといわれています。
世界の崩壊は番号順に動いており、この情報が第七に伝わってくるのは早晩間違いなく起こるでしょう。
 
推論2
アイドレスのエンディングランクは、世界崩壊情報の伝搬を防ぐことに関連していると考えられます
Dランクではアイドレス世界が汚染されるので、世界の崩壊を持って後のループに世界が崩壊するという情報を持っていかないように対処している。
BCランクは現状維持。おそらくそのまま接続が切れることで物語は一旦終わりを告げる、もしくは世界が平和になるその日まで新たな世界内でのループが始まると思われる。
A、Sランクでは、違う世界(ガンオーケストラとサイレントオデッセイ)が現れている。この場合はアイドレス世界が無事なので、それらの世界と接続させてもOKであると考えられる。
よって、Sランクであらゆる外敵と和解するというのは、そうした危険・平和がさらに深いレベルで根絶された状態であり、サイレントオデッセイ世界をゲームと接続させても問題ない状態である、と、考えられる。
 
結論として超儀式魔術、と言われたアイドレスとは精霊機動弾より始まる世界が崩壊する、という運命に対して介入を行うゲームではないか、と推測します。
 
蛇足の推論
セプテントリオンのエージェントであった鈴木敏郎はかつてEランクこそが目標である、と言っていた。
=彼らはEランクを取る必要がある
おそらくセプテントリオンのプランナーによって作られた史実において、スピリチアダンスが組み込まれている為。
かつDランクだと世界が崩壊しちゃうので世界の存続を望むセプにとってそれは望ましくなかった。
つまり亜細亜の死は奴らに史実として受け止められている
 
エースゲームは運命を叩き潰すためにあると以前お聞きしました。
ならばエースのいないアイドレスでは我々プレイヤーがそのふざけた運命を叩き潰すべきであると思います。


○時間犯罪

+ 芝村 > で。時間犯罪方面からのアプローチした人々を見てみようか。 (10/16-22:13:25)

○劔城 藍

+ 芝村 > 劔城。最初の時間犯罪とされるものを回避すればSに近づくという話から、これを考察している。 (10/16-22:14:20)
+ 芝村 > 最初の時間犯罪は、精霊以降、大絢爛以前。 歴史を変えるには聖銃がいるが、これ以外のホーリーグレイルが使われているという函の結果があるので、レム−リアの魔の能力ではないかと考察している。 (10/16-22:15:35)
+ 芝村 > ちなみに結論から言えば、外れ。 でも、このあたりは今ある情報から推測すると、こういう答えになるのはよく分るので、2級据え置きとします。 (10/16-22:16:43)
+ 芝村 > 次からはこだわらずに、アプローチルートを自在に切り替える柔軟さが欲しいね。期待してます。 (10/16-22:17:19)
 


04-00083-01:劔城 藍:2級
 
Sランクを目指すためにはどうすればいいのか?
1:最初の時間犯罪の特定
2:時間跳躍法の特定
3:最初の時間犯罪の阻止方法の特定
 
また、名「その言葉を呼べば呼び寄せる」存在化への進行を止めるために
4:未来を変える運動
を達成する必要があると考えられる
L:未来を変える運動 = {
 t:名称 = 未来を変える運動(イベント)
 t:要点 = 未来,イメージ,目をつぶる
 t:周辺環境 = 密室
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *未来を変える運動のイベントカテゴリ = ,,世界イベント。
  *未来を変える運動の位置づけ = ,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *未来を変える運動の内容 = ,,以下を行う必要がある。{
   1.ヴィクトリーを消滅させないこと
   2.人間の形質を最後まで守ること
   3.空間移動系は航路移動に限定し、敵が使ってきてもやらないこと
   4.かのものの生成原因をつきとめること
  }
 }
 t:→次のアイドレス = なし
 
1最初の時間犯罪の特定
最初の時間犯罪は
eyedress.at.webry.info/200802/article_7.html
こちらのLOGより
既に出ているキャラ、精霊以降、大絢爛以前、聖銃以外 というところまでは
突き止めれらてる。
2時間跳躍法の特定
これらについては
2級昇級試験
第2問:時間跳躍を行うにあたって必要なものをあげなさい。
第2問:セントラルワ-ルドタイムゲ-トを開く程度の情報集中(TLO、絶技、儀式魔術等)
においてほぼ手法が回答された。
また1の内容から聖銃は否定され、儀式魔術はプレイヤーが時間犯罪への
カウンターとして行われているため除外される。
可能性としては絶技か、王族のホーリーグレイルまでは絞る事が可能である
未来を変える運動の中では
4のみ正確な解明を果たしていないので更に解明する必要があると思われる
 
厳密な未解明部分が今回の試験で浮き彫りになったので
新たにクエストを行い、解明乗り出すのがsランクへの道筋だと
提言する


○あんぐら2

+ 芝村 > あんぐら2。 最初の時間犯罪の特定までは至ってない。古株だけあって、今の謎ゲーマーと違うけど同じこといってるのは面白いね。 (10/16-22:19:32)
+ 芝村 > どんな時間犯罪であるにせよ。対処するなら時間跳躍しなければならない。 (10/16-22:20:04)
+ 芝村 > なので、時間跳躍の、できれば安全なものを見つける、用意する。  敵対組織の時間犯罪の再修正対策 これらが必要としているね。 (10/16-22:21:09)
+ 芝村 > 時間跳躍ならドラゴン、 再修正対策は空間固定装置の出番だろうねえ。 (10/16-22:21:36)
+ 芝村 > 分らないところをわからないと、無理やり答えをださないのは好感がもてるね。とはいえ、後一歩な感じがありました。2級据え置きで。 (10/16-22:23:19)
+ 芝村 > まあ、準一級にするかどうか、すごーいなやんだのですが、まあ、できれば悩まずに授与して褒めたいので、この結果としました。 (10/16-22:25:06)
 


10-00366-01:あんぐら2

 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
前提:S=全PLとACE、エースと非エース、

かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング。

→ NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
 
低ランクEDから、スピリチアダンス、アイドレス、ガンオーケストラを起こすことなく、サイレントオデッセイまで到達するのがSランクであるとすると、この中のいずれかを残りのターンで始末付けるか、それらの根元を断つと言うことであると推測される。
 
また、この場合の和解には戦闘行為、もしくは封印行為における行動もそれに含まれるとする。
特に名前を軽々しく呼べない存在については和平交渉は必要なく、限られた戦士たちによる討伐で決着が付くと思われる。
顔のない男達については認知不可能に近い存在(顔が覚えられない為)なので、それに近い者達か、無力出来る者達の助力を得る必要だと思われる。
 
また、この推測が正しければ、全ての時間犯罪の原因、最初の時間犯罪の特定、そして解決がSランク到達にはかなり重要である。この問題を解決する際の問題点として、
 
1:時間犯罪を解決する為の時間跳躍が危険である
2:因果に再び最初の時間犯罪が発生する。
3:時間犯罪によって生み出された存在の、元の歴史への修正による消滅、ないしは力を失うことに反対する勢力の発生
 
という3つの解決困難な問題があげられる。2については時間犯罪が起きない為の時間犯罪、つまり原因周辺の環境を変えること、が更に求められる。
 
1に関しては既に出題された「世界を欺いて(世界崩壊に繋がる補完を行わせない)時間跳躍するにはどうしたらいいか?」という問題が挙げられる。
この問題の回答は最新の世界モデルが「世界間の連なりが時間であり、並行世界は同時に過去と未来でもあり、故に世界がループしている」、と言うことから我々の世界の未来(サイレントオデッセイ)、そしてダンシングドールから第6世界方面、もしくは第3世界方面への時間犯罪阻止の工作員であるACEを、世界を崩壊させることもなく送り込む事が出来、精霊機導弾事件以降から端を発した様々な事件の原因、時間犯罪を解決する唯一の手段と思われる。
 
(なおACEの特定に関してはこの回答には含めないとする。)
 
では、解決するべき最初の時間犯罪とは何か?というと発表時期から1997〜2000年迄の作品と思われる。
該当するのは精霊、ゴージャスタンゴ→海ラヴ、サイレントオデッセイ、スピリチアルダンス、本懐、GPMなどが考えられるが、世界で考えれば、ほぼ第6世界周辺なので、第1世界の未来から第2世界の過去、そして第2世界からは第6世界への移動は可能らしいので、(根拠:ゆかり戦記とAの移動世界順2>6>7)そこからそれらの世界へ移動し、元凶を根絶する。これ以降の時間犯罪は因果によって消えていき、元の世界へと戻っていくと思われます。
 
また、歴史修正に対する反勢力については、可能で有れば交渉のテーブルについて貰い、不可で有れば交戦の後に和平交渉、反対ながらも話し合いを行う者達であるならば、修正後に彼らが別の形でも生き残れる、損をしないそんな第3の選択肢も考えるという柔軟な対応も考える事も忘れては成らない。
 
これら3つの問題を突破したならば、以上でもってSランク、つまり全ての勢力が武器を手に取る理由は消える筈だと思われます。


○KBN

+ 芝村 > で。ここまででおおよそ全部なんだけど、一人、予想外回答だしてきてるのがいてね。 (10/16-22:25:55)
+ 芝村 > 出してきたのはKBN。 方法は前のループのシオネ・アラダに学べないか。 (10/16-22:27:51)
+ 芝村 > 悲しみの聖戦では、英雄がXXXになったりしたが、その逆もあった。シオネが、XXXから、英雄に戻したケースだ。 (10/16-22:28:57)
+ 芝村 > プレイヤーはシオネ・アラダを選出し、XXXが英雄になるような行動をとる。 (10/16-22:29:58)
+ 芝村 > 最終的にXXXをよきゆめに転向させることでXXXとの和解とする。 (10/16-22:30:27)
+ 芝村 > これは、いい回答のような気がするね。 (10/16-22:32:04)
+ 芝村 > KBNに1級を贈ろう。新たに国許に月の塔の建設を赦す。 (10/16-22:33:05)
 


問題:Sランクへの行き方を書きなさい。
 
【考察1】
現在の状況からSランクを目指す場合、最終的な敵はかのものになる可能性が高い。
Sランクを目指すのであれば、かのものと対する前に他の勢力との間に和解を成立している必要がある。
これは先代のシオネ・アラダが、かのものと戦った悲しみの聖戦に酷似した状況になる。
 
◇Sランクの定義について
t:エンディングランク ={
エンディングを定めたもの。Sと、AからEまである。
S =全PLとACE、エースと非エース、かのものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 1年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ
 
◇和解について
”全ての勢力が和解”ということはNWと他勢力が和解するだけではなく他勢力同士も和解しなければならない。
 
◇銃を置くについて
各勢力間で武力以外の問題解決を行う仕組みを作る必要がある。
 
◇先代のシオネ・アラダについて
ttp://nazomoe.pun.jp/?%C0%E8%C2%E5%A4%CE%A5%B7%A5%AA%A5%CD%A1%A6%A5%A2%A5%E9%A5%C0
反目しあうオーマたちをまとめあげ人々と一部の神々と協力して、かろうじて彼のものを封印することに成功する。
 
【考察2】
かのものとあしきゆめには、かのものがあしきゆめを配下としている場合や、あしきゆめに呑まれた存在がかのものに近い存在となる場合など強い関連性がある。
あしきゆめとよきゆめはコインの裏表に比喩される存在であり、あしきゆめがなんらかのきっかけでよきゆめとなる事例もある。
◇かのものについて
ttp://nazomoe.pun.jp/?%C8%E0%A4%CE%A4%E2%A4%CE
あしきゆめを配下として人々を襲う。
◇あしきゆめについて
ttp://nazomoe.pun.jp/?%A4%A2%A4%B7%A4%AD%A4%E6%A4%E1
絶望、嫉妬、憎しみ、後悔など負の想いから生まれるもの。死と平穏。世界を終らせようと言う意志。
ヤオト体。
楽士アーはあしきゆめに飲み込まれた模様。
あしきゆめは、死と平穏を、よきゆめは、生と騒乱を、共に司るコインの裏表です。人が死ぬのは、病気や怪我ではなく、あしきゆめを選んで戦うことを放棄したためであり、人が生まれて、生き延びるのは、再び立って戦うことを選んだからです。
◇あしきゆめからよきゆめへの転向について
ttp://nazomoe.pun.jp/?%A4%E8%A4%AD%A4%E6%A4%E1
デクはもともとあしきゆめだったがシオネ・アラダと出会いよきゆめとなった
 
回答:
先代のシオネ・アラダ的な存在を作り出し現在交渉可能な勢力間で対かのものを主眼とした同盟を締結する。
あしきゆめを減少させ、よきゆめを増加させる様な行動を取る。(古の盟約など)
最終的にかのものをよきゆめに転向させることでかのものとの和解とする。
 


○九音・詩歌

+ 芝村 > うん。詩歌ね。 いや。なんというか、星見になってないので、ノーカウント。いやまあ、最初の質疑の段階で、いやんな予想はしてたけど。 (10/16-22:57:53)
+ 芝村 > 星見になってないから。それ。 期待される答えを想像して書きましょう。 (10/16-22:58:30)
 


星見司一級試験
 
問題:Sランクへの行き方を書きなさい
 
前提:
ここでいうSランクとはアイドレスのエンディングランクのことである。
つまり、ルールブックによればこうなる。
S =全PLとACE、エースと非エース、○○ものを含む全ての勢力が和解して銃を置く。グレートエンディング →NEXT GAME 一年のお休みのあと、”サイレントオデッセイ”
(一部危険回避のため伏せ字)
 
解答:
Sランクにたどり着くためには、全ての勢力が和解して銃を置いたうえで、グレートエンディングを迎えなくてはならない。
そのための道順を以下に記す。
 
*全ての勢力が和解する
全ての勢力が一気に和解するような方法はないため、個別に和解していく必要がある。
(もしあったとしても、様々な危険を伴う可能性が高い)
 
現在、残る敵はどんな相手かを探るクエストが行われている。
(上級クエスト3)
この残った敵と和解していくのが当面必要なことである。
現在我々は、会話で和解に持ち込める相手とは会話し、戦う必要があれば戦ってそのあと和解に持ち込んでいる。これは問題ない。
会話による和解が成り立たない相手、○○ものなどは個別に和解条件を探るクエストが必要になる。
 
*銃を置く
全ての勢力と和解が成立すれば、戦う必要がなくなるため、銃を置くことができる状態になる。
しかし、現在和解の成立している相手であっても、我々の行動次第では新たな敵となりうる。
もちろん、もちらから戦闘を仕掛けるのは論外だ。
Sランクを成立させる和解は、新たな戦争のための和解ではない。
 
この段階で要求されるのは、戦争を必要としない社会/世界環境である。
卑近なところで言えば軍人や傭兵などの生活基盤。資源や食糧、土地などの不足に伴う人口調整。
こういったものを戦争に頼っていれば、早晩戦争が必要となる。
これは我々のみならず、和解した相手についても同じことだ。
 
外患のみならず内憂の対処もできてこそ、真に銃を置くことができる。
 
前提条件から、裏でエースが助けてくれるが故の平和、などというのもない。
 
*グレートエンディングを迎える
SランクがAからEランクと違う最大のポイントはグレートエンディングの一文である。
過去、無名世界観ではいくたびかグレートエンディングチャレンジが行われた。
絢爛舞踏祭では100年の平和。リターントゥオーケストラではSランクそのものは確定した後の最終ゲームとして。
 
前提条件より、アイドレスのSランク=グレートエンディングを迎えられる状態である。
ゆえに、何らかの方法でグレートエンディングチャレンジを行い、成功させる必要がある。
現在のところ、善政の派生でグレートエンディングチャレンジのイベントアイドレスが存在している。
アイドレスの性質上、別な形での挑戦も可能性がある。
 
**以上の三項目をもって、Sランクへの行き方とする。
特別なことは何もない。星見を行い、クエストに挑み、問題をイベントで解決し、生活ゲームで交流する。藩国や大統領府、皇帝陛下は国をよく治める。
アイドレスプレイヤーが積み重ねてきた道の、さらに積み重ねた先の先にSランクはそんざいする。


 

Last modified:2011/01/25 22:17:01
Keyword(s):
References: