塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

イベント69 青森救出作戦 まとめ

 
イベント69 The thing which removes a mistake(青森救出作戦)
http://blog.tendice.jp/200704/article_6.html
 
1.経緯説明
常日頃、大量の業務をこなす吏族をねぎらうため、ダンスパーティが企画される。
<イベント63 吏族ダンスパーティ>
<速報:イベント63 吏族ダンスパーティ>
 
ダンスパーティの卓についた吏族達は、卓別に異なるACEの断片的な未来を見ることができた。その一つに、死地にある「青森恭平」の情報があった。
情報は秘密厳守であったが、青森を救おうとした結果(彼を想うあまりの勇み足により)、その情報が外に漏れてしまう。情報が外に漏れたことにより、逆に、青森の死の運命が確定してしまうこととなった。
<死亡通告>
 
しかし、その情報漏れが、その卓についた者全員の同意を得たものではないことが判明。
 
護民官、法官達は、この「情報漏れによる青森の死」は不適当であり、この通告により傷つく様々な人達を救済することを決定。
護民官事務所 青森恭平の情報公開に関する件
<裁定不適当のお知らせ:イベント63 吏族ダンスパーティ>
 
星見司処は、青森が死の運命を負う場所をキノウツン藩国と予測。
各国は彼を救うべく動き出した。
 
 
2.重要人物NPC、設定の説明
 
・ 青森恭平
小説 頂天のレムーリア に登場。
無精ひげがチャームポイントの、元CIAイリーガル(非合法工作員)。現在は熊本武士に雇われている。
また、カウンターアタック作戦では、ドランジ救出作戦に参加している。
<カウンターアタック 原型および参加NPCリスト(改定2)>
 
・ 吏族ダンスパーティ
<イベント49 組閣命令>
により組織化され、
<イベント42 大吏族チェック>
をはじめとする業務をこなしてきた吏族をねぎらうために、にゃんにゃん共和国主催で開かれた慰安ダンスパーティイベント。
ビンゴゲームの景品やスペシャルメニューによる能力増大等の他に「9つ(最終的には12)に分かれたテーブルごとに余興として気になるキャラクター1人の現在の姿がスクリーンに映される」というイベントが行われた。
ただし、その内容はその卓以外の者に漏らすことは厳禁、という条件がついていた。未来を予知した情報であるが故に、その未来を知るものが増えると、予知が乱れてしまうから、というのがその理由である。
 
・ 護民官
<イベント54 護民官の仕事>によって組織された、すぺてのアイドレスプレイヤーを救済するための職業。
法官による裁定量刑の見直しだけではなく、トラブルの訴え等も取り扱う。
事務所はこちら
 
・ 法官
<ステージ2 イベント31 法官試験>により登用され、
<イベント55 法官の仕事>
によって組織された、アイドレスにおける様々な不正やミス等を一定の基準を設けて裁定し量刑することにより、円滑で公正なゲーム進行を促す役目を持つ職業。
連絡所はこちら
 
 
3.作戦意義
 
今までの戦いとは異なり、アイドレスプレイヤー達が能動的に起こした戦いである。
ACEを助ける、国を助ける、だけではなく「プレイヤーの心を助けるため」に、各組織が知恵を出し合い、わんわん帝國部隊の指揮官をにゃんにゃん側が勤めることを良しとし、各国が己の懐を痛めることをいとわなかった。
対白(リン)オーマ戦としては大勢にさほど大きな影響を持たぬように見えるが、プレイヤーにとってはいままでの戦いにもまして、負けることが出来ない戦いであった。
 
 
補記:ゲーム結果ログ
<ゲーム結果EV69 青森救出作戦>
 
要約:目的達成
 
青森は、無事保護された。
その詳細は、以下のレポートに、それぞれの想いがこもった報告がなされている。
<バトルレポートオブEV69(公共事業結果発表その1)>
 
尚、戦闘終了後、指揮官達は一匹の式神を発見した。
巧みに経路を隠蔽しつつ誰かを捜していたそれは、ドイツ語で「お前を必ず殺してやる」というメッセージを含んでいた…。
魔力の流出で病気になっていた光太郎。その元凶を探る、ふみこの放った式神、と、思われる。

Last modified:2008/02/13 01:03:14
Keyword(s):
References:[イベント案内ページ]