塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

イベント72 共に和す故、共和制 まとめ

 
イベント72 共に和す故、共和制
http://blog.tendice.jp/200704/article_14.html
 
1.経緯説明
 
<ゲーム結果:EV65 偵察作戦>
により、星見司が示した4つの場所すべてに、敵がいることが判明した。
ことに、玄霧藩国、ゴロネコ藩国それぞれに、敵のアラダが侵入していることが判明した。
玄霧藩国にはアラダ4、チル500、ゴロネコ藩国には敵はアラダ12、チル2000。
偵察部隊は共にその場での戦闘を避け、援軍をたのんだ。
 
<ゲーム結果:イベント67 共和国の行く末>
ですべての場所に手をさしのべる決意を固めていたにゃんにゃん共和国は、その要請を受け、全力で敵の排除にかかった。
 
 
2.重要人物NPC、設定の説明
 
・ うささん
キノウツン藩国が開発したI=D。
幸運が高く遠距離攻撃に強く、パイロット一人で運用できる。
また、I=Dらしからぬその外観の愛らしさで有名である。
 
・ 黒曜
無名騎士藩国が開発した独自I=D。
遠距離攻撃に非常に強く、白兵、近距離攻撃も可能な支援型I=D。
 
 
3.作戦意義
 
偵察作戦の結果、相手の規模も場所も特定されており、先手をとれる戦いである。
だが、にゃんにゃん共和国のみで同時に2カ所で戦うため戦力が分散され、連戦のために使用できる資源燃料等が厳しくなってきており、しかも戦闘準備の時間がタイトであった。
動かせる限りの戦力を、いかに効率よく配置し、しかも燃料等を節約するためいかに少ない行動で敵を倒すかの工夫が必要となった。
そして、敵の目標である2人のACEを護るためにも、完勝が必要であった。
 
 
補記:ゲーム結果ログ
 
<EV72 ゴロネコ藩国戦>
<EV72 玄霧藩国戦>
 
要約:完全勝利
 
ゴロネコ藩国戦は、投入した戦力は多くないものの、敵の情報を掴んでいる利点を最大限に生かして包囲、陽動・奇襲により敵を攪乱、アラダごと一瞬のうちに殲滅した。
 
玄霧藩国戦もまた、地の利を生かして待ち伏せし、I=Dを中心に挟撃してアラダ1名を逃がす以外はすべて吹き飛ばした。
 
巧妙な作戦もさることながら、イラストの力、応援の力が十分に発揮された2戦であった。

Last modified:2008/02/13 00:12:54
Keyword(s):
References:[イベント案内ページ]