塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

イベント97−2、98まとめ

○イベント経緯
 
要約:襲いくる緑オーマに対し、わんわん帝國は、一発逆転をかけて本拠地急襲を行った。一方、にゃんにゃん共和国は本土で迎え撃つ。
 
そもそもの発端は、第5世界(ガンパレードマーチ、ガンオケの世界)での、黄オーマとの戦闘の際、サターン国王が死亡したことによる。
 
イベント85 故郷への長い道
http://blog.tendice.jp/200705/article_52.html
http://blog.tendice.jp/200705/article_53.html
http://blog.tendice.jp/200705/article_54.html
 
死者の魂は、レムーリアと呼ばれる場所に流れ着く。そこにサターン王の魂を求めていったところ、緑オーマである「緑にして檜のアスタシオン」と出会った。
 
サターン復活作戦
http://blog.tendice.jp/200706/article_9.html
http://blog.tendice.jp/200706/article_10.html
 
その後、レムーリアに開けたゲートを通り、緑オーマは九州地方に侵出。
だが、わんわん帝國は、九州で迎え撃たず、もう一つ、レムーリアへのゲートを開いて、直接、緑オーマの本拠地への九州を行った。
 
イベント97 ベールの戦い
http://blog.tendice.jp/200707/article_16.html
http://blog.tendice.jp/200707/article_26.html
 
ベールの戦いで、わんわん帝國は、一時的に敵を撤退させたが、ほぼ敗北。そして、今回の再戦に至る。
 
イベント97−2 地獄の山
http://blog.tendice.jp/200707/article_28.html
 
イベント98
http://blog.tendice.jp/200707/article_29.html
 
○作戦意義
 
要約:敵対オーマを倒しつつ、経済格差を回復する
 
アイドレスに勝つ条件は、二つある。
一つは、まず「敵対オーマを追い返す/なんとかする」ということ。
もう一つは、わんわん・にゃんにゃん同士の対決に勝つということである。
 
・敵対オーマを追い返す(わんにゃん共通)
 
これまでの戦いでは、敵対オーマを倒すごとに、最低3戦かかっている。現在、第9ターン(最終ターン)であるが、緑・黒、そして多分、それ以外のオーマが残っている状況である。
これら全員に、3戦ずつ戦っていては、どう考えてもタイムオーバーになる。どうにかして戦闘数を減らして、勝つ方法が必要である。
 
イベント97で、緑オーマをアイドレス世界で迎撃せずに、本拠地を叩いたのは、そのためである。今後の全体戦略のために、イベント97−2およびイベント98では、勝利が望まれる。
 
・わんわんvsにゃんにゃん(こちらは、わんわん帝國のみ)
 
にゃんにゃん共和国とわんわん帝國は、敵対オーマや味方NPCを守るためなら団結もするが、本来は競争する仲である。
だが、わんわん帝國は、経済格差から、にゃんにゃん共和国に敗北寸前であった。有り体に言うと景気が悪いのだ。
 
スイトピー様の経済講座
http://farem.lxl.jp/idresswiki/index.php?%A5%D4%A1%BC%CD%CD%A4%CE%B7%D0%BA%D1%B9%D6%BA%C2
 
市場経済で考えると、貯金して動かないお金というのは、無駄金である。皆が、お金を貯め出すと不景気になる。逆に言えば、景気を回復するには、どーんと買って、どーんと使うことである。
 
イベント97は、わんわん帝國の経済格差を埋めるための重要な一手である。
 
○キーワード紹介
 
・レムーリア
 
 世界と世界の間を旅する大陸。死者の魂を始め、様々なものが流れ着く。
 
 B’sログで連載中の「頂天のレムーリア」第一部、第二部および、テンダイスブログでのイベント「ターニの帰還」の舞台となった。それぞれ違った時代を舞台にしており、今回のイベントの舞台は、多分「ターニの帰還」であると思われる。
 
 イメージは古代。魔法は使えるが、機械類は一切使えない。物資を運ぶにも、帆船と船乗りが必要という難儀な国である。
 
・緑オーマ
 
 黄金戦争に参加する根源種族の一つ。我々に敵対している。理由は、黄金戦争に勝利するためらしいが、詳細不明。
 盾笛という武楽器を使う。
 
・緑にして檜のアスタシオン
「一刻の間だけ、休戦してやる。さっさと帰れ」
「そして、我々が攻め入るのを震えて待て。滅ぼされる僅かな時間までな」
 
 緑オーマの一人。サターン復活戦に登場。多分、九州に侵攻中で、イベント97−2にはいないかもしれない。
 信義は重んじるタイプだが、地べたすりは相手にしないようだ。
 
 「式神の城2」に登場する、緑にして柊のアノレゴス・ダンデオンの弟。
 
・銀
 
レムーリアのとある神殿では、銀と引き替えに死者を蘇らせることができます。先のサターン復活作戦や、ロジャー復活作戦で、この神殿は登場しました。
 
・ロジャー復活作戦
http://richmam.xtr.jp/kingdom/patio2/read.cgi?mode=&no=94&p=1
 
銀は乙女の涙でも代用可能のようです。ロジャー復活作戦では、夜明けの光に照らされた涙が銀となり見事復活を成功させています。
 
○見所
 
・対空戦略
 
レムーリアはファンタジーな世界であるため、機械類が一切使えない。サイボーグなども稼働しない。現在のアイドレスの戦略では、対空攻撃の手段が乏しい。
 
だが、緑オーマの中に空を飛んで攻撃する者がいることが判明。イベント97では大変に苦戦した。
 
古代ファンタジーの縛りの中で、いかに対空戦力を確保するかが、一つの鍵となるだろう。
 
・AR戦略
 
レムーリアはファンタジーな世界であるため、攻撃してくるのは敵も味方も人間である。つまり、敵も味方もAR10(足が遅い)。
 
逆に言えば足の速い兵器を用意できれば、うまく先手を取ることが可能になる。通常は、戦闘機やらI=Dやらだが、それはレムーリアでは動かない。
 
レムーリアで動く兵器(土場藩国のエンジェリックフェザーは、ACE八神の能力で、レムーリア仕様に改造済み)、足の速いアイドレス(拳法家とか)、古代に対応した機動兵器(馬引き戦車とか騎兵とか)が重要になるだろう。
----------------------------
海法 紀光@海法よけ藩国:責任者および経緯、作戦意義、キーワード執筆
飛翔@海法よけ藩国 キーワード執筆
氷野凍矢@世界忍者国 全体チェック

Last modified:2007/07/14 11:50:54
Keyword(s):
References:[イベント案内ページ]