塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

宇宙(対ビアナ・オーマ)戦 概略まとめ

超要約
 宇宙から攻めてきた赤オーマ。ロケット打ち上げとか対空施設建造とかが超大変。
 
0.重要単語
・ビアナ・オーマ
 根源種族の一つ。赤のオーマ。女性だけのオーマであり、男性がビアナとなった場合絶技を使えなくなる。武楽器は鼓杖。幻惑の絶技を使うが、今回の戦いでは宇宙戦闘がメインだったためか、絶技の出番はなかった。
 
 
1.第2次黄金戦争開始
にゃんにゃん、わんわん両勢力は、ビアナ・オーマの急襲を受けテラを脱出、アイドレス世界(New World:NW)へとたどり着く。
 
2.宇宙への偵察 ※E65、宇宙偵察作戦1〜3
NWに侵攻してきた白(リン)・オーマと地上戦を開始。
その戦いに終止符を打たんとする頃、故郷である宇宙への帰還の第一段階として数度の偵察が行われ、そこで14000機を超える空中戦力を発見する。
(このとき、これがまだビアナ・オーマだとは確定されていない)。
 
3.迎撃失敗 ※E81
敵が送り込んできた無人偵察機を、誤って撃墜。偵察機は自動自衛兵器の核ミサイルをNWに投下。
NWの広島が消滅し、宇宙ステーションもあっけなく破壊される。
 
4.降伏勧告 ※E83
敵はNW偵察の結果、こちら側に対十分な対空戦備がないと判断、巨大レーザー砲を地上に向け、高圧的な降伏勧告を行ってきた。
だが、この勧告はハッタリだった。赤オーマは、核やレーザーといった宇宙戦用兵器しか持っていなかった。だが巨大レーザーや核でNWを破壊してしまうと、世界と世界のつながりが切れ、敵もNWに閉じこめられてしまうのだ。
世界閉鎖を望まない(つまり大規模戦闘は避けたい)のは敵も一緒だと推測したNWは使節団を派遣。
が、使節団に、リン・オーマに覚醒したプレイヤーがいると判明したとたん、敵も自らがビアナ・オーマであることを宣言、交渉は決裂した。
赤オーマとしては、地べたすりと心中は耐えられないが、敵であるリン・オーマを巻き込んで自爆するならアリだというわけだ。
 
5.地上蹂躙 ※E95
敵は、NW側が宇宙への戦備を整える前を狙って地上を爆撃。おりしも地上に突如出現した黒(ファウ)・オーマとの2面戦争となり、多大な被害を受ける。
途中で押し返し、再建した宇宙ステーションへの補給を行うことには成功する。
 
6.戦闘終結 ※E96
大規模輸送設備や各種宇宙設備を開発して準備を整えたNWは、宇宙へ大規模な戦力を派遣、敵空母部隊を撃破。ビアナ・オーマの支配から逃れた(F等)他種族との和平交渉を行う。
 
 
これにて、宇宙での戦いは終結した。


まとめ 森沢@海法よけ藩国

Last modified:2008/02/15 20:46:22
Keyword(s):
References:[イベント案内ページ]