塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

泉の水の秘密

概要


命題1:泉の泉を飲む効果を調べる



    • ユニバーサル定義:無名世界観内の因果、物理法則


  • f:泉にゲートが通っていた=泉の水はゲートによる何らかの要因で本来の状態より変化した

  • f:泉にゲートが通っていた=泉の水はゲートによる何らかの要因で本来の状態より変化した=変化前の泉の水は普通の水である

  • f:泉の水を飲んだ人物が妊娠に似た変化を起こした=泉の水は魔術な作用である

  • f:泉の水を飲んだ人物が妊娠に似た変化を起こした=泉の水は魔術的な作用である=この泉は魔法そのものである

  • f:瀬戸口は、泉の水について何か知っていた=泉の水は、古い伝承に存在する。

  • f:泉にはコインが投げられていた=人々はコインに願いを託して泉に投げ入れいた=コインに魔術的要素が宿った

  • f:コインに魔術的要素が宿った=妊娠等を引き起こしているのは、泉の水ではなく、そこに宿ったコインの魔法である。

  • f:コインに魔術的要素が宿った=それは恋愛に関するものである

  • f:人々はコインに願いを託して泉に投げ入れいた=コインに魔術的要素が宿った=魔術的要素によって泉の水を飲んだ人物が妊娠と診断された

  • f:泉の水を飲んだら妊娠だと判断された=カップルが引っ付くには既成事実が手っ取り早い

  • f:泉を飲むことで体調変化を及ぼした=これはコインの魔術が原因である=コインの魔術は泉の水を飲むことで達成される

  • f:コインの魔術は泉の水を飲むことで達成される=カップル二人で飲む必要は無い

  • f:カップルが引っ付くには既成事実が手っ取り早い=妊娠判定が出るように体調変化させただけである

  • f:コインにはカップルを引っ付ける魔法が掛けられている=コインには縁結びの魔法が掛けられている



  • よって、コインの魔術は縁結びの魔術で泉の水を飲むと、恋愛成就の魔術にかかる。

  • →QED


命題1:概説


  • 泉の水ではなく、コインに魔法がかかっていた。

  • 人々が願いを託して投げれたコインによって、魔法がかかった。その魔法は恋愛成就の魔法だった。

  • よって、コインの魔術は縁結びの魔術で泉の水を飲むと、恋愛成就の魔術にかかる。妊娠判定はその結果の一つ。


命題2:本人含めて、覚えがないサクさんの妊娠の原因を調べる


  • P'サクさんの妊娠は、どうも本物くさいが、本人含めて覚えがない。

    • ユニバーサル定義:無名世界観の因果、物理法則


  • 原因系

  • f:妊娠には泉は関係ない=他の原因がある

  • f:【妊娠には他の原因がある=それは小笠原ゲーム内に原因がある】が微妙に通らない=洞窟と繋がっていた迷宮が関係する

  • f:洞窟と繋がっていた迷宮が関係する=生命の木と関係する。

  • f:サクさんのお腹の子供は人から派生した新しい種族である=それは小笠原で渡された、ヤガミ名義の手紙に関係する

  • f:サクさんのお腹の子供は人から派生した新しい種族である=それは小笠原で渡された、ヤガミ名義の手紙に関係する=この子供は未来に関して何らかの影響がある

  • f:この子供は未来に関して何らかの影響がある=サクの子が生まれる未来を護りたい誰かが、介入した

  • f:小笠原で渡された、ヤガミ名義の手紙に関係する=第三者の介入で、本来手紙の内容のように行動するはずだったヤガミの行動が変化した=その第三者は、お腹の子供に関係する

  • f:未来のサクヤガミからの手紙が来た=時間跳躍して



  • お腹の子供関係

  • f:妊娠した ノット=お腹の子は遺伝学的に人間である=人間以外の何かである

  • f:サクさんの妊娠は、どうも本物くさい=サクヤガミとの子供ではない

  • f:お腹の子は人間以外の何かである=母体がサクさんである必然性は無い

  • f:洞窟では人間からの派生の何かが生まれようとする兆候があった=サクさんの子供は人間以外の何かである=サクさんの子供はこの派生体である

  • f:おなかの子は人間以外である=以前遺跡内で記述のあった新しい種族である

  • f:お腹の子は人間以外の何かである=このまま育った場合、母体に悪影響が出る

  • f:お腹の子は人間以外の何かである=このまま育った場合、母体に悪影響が出る=今ならば母子共に救うことは可能

  • f:生命の樹の記述にあった派生体である=人から派生した新しい種族である

  • f:今ならば母子共に救うことは可能=サクさんに悪影響が出ないように子供を育てる方法はある

  • f:人から派生した新しい種族である=まだ無名世界観作品に直接登場していない。

  • f:母体への悪影響は赤ちゃんが体内にいるときに処置する事で回避されうる=堕胎である



  • 救出方法

  • f:今ならば母子共に助かる=助けるための技術がある

  • f:今ならば母子共に助かる=助けるための技術がある=それは現時点で使われている技術ではない

  • f:助けるための技術がある=それは現時点で使われている技術ではないノット=過去使われていた技術である

  • f:助ける為に使われる技術は現時点では使われている技術ではない=それは魔法である

  • →QED


命題2:概説


  • サクに宿った命は、生命の木から派生した人類の派生種族である。このままでは母子ともに助からないが、トップエースおよび、未来のサク、サクヤガミが生存を望む命である。

  • 現代技術では難しいが、魔法を使えば、母子を救うことができ、アララ、バルクなど魔法医の技術を持った者に頼むことで救うことができる。

Last modified:2008/01/02 00:12:52
Keyword(s):
References:[函の中の戦士・まとめページ]