塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

函の中の戦士・まとめページ

はじめに 〜 函の中の戦士とは?


  • 函の中の戦士(通称函ゲー)はプレイヤーが函学士となり、ユニバース定義を利用して函f(x)を使い、進行役にして判定役であるワールドオーダーと対話し、命題Pを解くゲームです。

  • f(x)はユニバース定義下における等価法則に準じた等価交換をいいます。

  • f(x)=yである時、yはf(x)に常に同じです。



  • P'とは?→前提条件および情報の事を指します。

  • ユニバース定義(ユニバーサル定義)とは?→ユニバース定義は宇宙の法則です。この法則にしたがって=なら、交換出来ます。



  • これだけだとよくわからないと思いますが、要するに、質疑応答を重ねて、謎を解いたり、目的を達成したりするゲームです。

  • 詳しくは下のゲームの流れ、および各ログを参照してください。


ゲームの流れ


  • ゲームを開始するには

    • ゲームを始めるには誰かが【ICP】(I challenge to problem)と言います。その後で、命題Pを言います。

    • 命題Pをいうのは誰でもかまいません。

    • その後、マスターにより命題が受理されたら、【The world is answered. 世界は答えた。】といわれて、ゲームが開始されます。




  • 例:ICP 命題P 無くなったおまんじゅうを誰が食べたか調べる。




  • 命題をとくには

    • 命題だけでは解けないため、付加条件、情報を加えます。これをP'といいます。

    • また、ユニバース定義を確認します。ユニバース定義とは宇宙の法則です。この法則にしたがって=(等価)なら、交換出来ます。

    • 宇宙の定義にしたがってさえいれば、=はつねに=。このゲームは、ただそれだけを使って遊ぶゲームです。

    • =以外に、AND OR NOT がつかえます。

    • ANDは「〜かつ〜」ORは「〜あるいは〜」NOTは「〜ではない」です。

    • 付加条件や情報をもとに、さまざまな情報や事柄を=でつないでいって謎を解き明かし、命題をクリアしましょう。

    • =を提出するときの基本的な書式は以下のようになります。

    • f:△△が成立する=○○も成立する。

    • f:○○が成立する=NOT××である。




  • 例:

    • ユニバース定義:因果

    • P':その場には海法がいた

    • f:その場には海法がいた=海法はおなかが減っていた

    • f:その場には海法がいた=他に人はいなかった

    • f:その場に海法しかいなかった AND 海法はおなかが減っていた=海法はおまんじゅうを食べた。





  • ゲームを終了するには

    • 命題をクリアしたら、【QED】(Quod Erat Demonstrandum(訳:かく示された))と宣言し終了します。

    • このとき、通った=をまとめて出すといいでしょう。




  • 例:

    • f:その場には海法がいた=海法はおなかが減っていた

    • f:その場には海法がいた=他に人はいなかった

    • f:その場に海法しかいなかった AND 海法はおなかが減っていた=海法はおまんじゅうを食べた。

    • まとめ:おまんじゅうを盗み食いしたのは海法であった。

    • QED



今までに行われたゲーム



その他

未QED課題一覧

函の中の戦士情報掲示板 蒼燐@リワマヒ国管理

星見司・出仕処・掲示板 函ゲーム情報交換所

星見司・出仕処・掲示板 テーマ募集所

作業日誌


  • このページに関するご意見ご要望、その他連絡事項などはこちらまでお願いいたします。

Last modified:2008/01/30 23:37:42
Keyword(s):
References: