塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

星見の塔・分室 - かのもの Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

'''注意!'''
'''この事件は詳細が公開されるとさらなる被害が拡大されるために核心ログには情報規制が敷かれています。'''
'''トップエースの直接介入にまで発展した深刻な事件ですので,関連事項には十分注意してください。'''
----
!!1.3行で分かる?説明
函の中の戦士をしていたら大変なことになってしまい,
それを解決するためにトップエースらによる介入が発生。
函の中の戦士をしていたプレイヤーらは救助されたが,まだ脅威は去っていない。
----
!!2.経緯
プレイヤーサイドから積極的に世界の謎にアプローチすることができるゲーム
「函の中の戦士」。それはさりげない世界の謎から世界観の根底に至るまで,全てを解き明かすこともできるのかもしれない。
その限界に挑戦したプレイヤー達が失敗してしまったことが,今回の事件の原因である。
----
!!3.事件の中心人物・設定の説明
○かのもの
恐らく正式名称がAZANTだと思われる。
はるか昔,悲しみの聖戦にて一度討伐がなされ質量兵器による攻撃で第四世界の地下深くにある遺跡で眠りについていたが,
精霊機導弾事件によってセプテントリオンがアルスマグナを起動した結果覚醒し,ヤオトをもたらしながら世界を移動している。
かのものについて余り情報がないのは「かのものの名を語るほどかのものは近づいてくる」といわれているからである。
よって,この項目でもこれ以上の言及は避けたい。その理由は「ヤオト」の項目にて。
 
 ○ヤオト
変容風,人が人でなくなる病とも呼ばれる。汚染される,と表現される。
その中身はかのものに近づく現象であり,かのものから情報補完を受けることである。
そしてヤオトの影響は人に限定されたものではなく,他の生物も等しくヤオト化を受ける。
絢爛世界において人類以外の生物が知類として人類と同等の存在になったのはそのよい例であろう。
 
また,ヤオトが「情報補完」であると述べたとおり,かのものの情報が集まる場所は他よりもかのものとのつながりが深くなり,
その結果として集まる場所そのものがかのものの端末となり,そこからさらにヤオトが蔓延することになってしまう。
 
今回の事件に関するログが全て非公開であるのはこのことに原因があり,
ログ自身が汚染されているために,プレイヤーだけでなく閲覧する者にも汚染が広がってしまうのだ。
クトゥルフ神話にある数多の魔道書をイメージしていただくとわかりやすいかもしれない。
それも分からない方は,お近くの星見司にお尋ねください。
----
!!4.事件展開
○函の中の戦士 非公開
ゲーム中にかのものを呼び出してしまい,プレイヤー達が汚染されてかのものの手先となってしまう。手先となったプレイヤー達は自国に戻ってACEを殺すなどの破壊活動を開始した。
 
 ○特別エースゲーム 非公開
トップエースらによる迅速な介入が発生。
その活躍によってプレイヤー達を浄化し,ACEも同時に救出することができた。
----
!!5.事件終了後
特別エースゲームによってプレイヤー達は浄化され,ACE達も救出されたが,
まだ召喚されたそのものや,プレイヤーから生み出された「なりそこない」が残されており,
そのためバレンタインデーに届けられた加護を用いての討伐戦が行われた。