塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

星見の塔・分室 - イベント 後ほねっこ男爵領戦 まとめ Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

 この項目は、まだ編集中です
 
後ほねっこ男爵領戦
 
'''1.経緯説明'''
 
[[<EV72 玄霧藩国戦>|http://blog.tendice.jp/200704/article_20.html]]
で、岩田(ACE)を襲って一度は退けられたものの、再度玄霧藩国へ向かうそぶりをみせた白(リン)オーマだったが、
[[<ゲーム結果:玄霧国防衛戦(不戦勝)>|http://blog.tendice.jp/200704/article_36.html]]
にて、なぜか玄霧藩国へ向かう途中で引き返した。
 
そして後ほねっこ男爵領に陣取った彼らに大規模な内紛が起こったことが確認された。
 
[[<速報:イベント63 吏族ダンスパーティ>|http://blog.tendice.jp/200703/article_42.html]]
のビンゴゲームにて、「危険な冒険」を起こすことができる権利を得た4人。
このうちお二人は小笠原、広島への冒険を既に終えていたが、残りのお二人、赤星 緑@愛鳴藩国さん、月空@になし藩国さんが、後ほねっこ男爵領への偵察を決意。
それぞれ部隊を率い、日向と青森と共に後ほねっこ男爵領へ向かう。
 
そして、わんわん帝國宰相はにゃんにゃんへ共和国へ呼びかけ、彼らの後を追う形で共に小笠原への侵攻を開始した。
 
 
'''2.重要人物NPC、設定の説明'''
 
・ G.日向
ゴールド日向の略。
金髪に銀環をつけた、日向に似た白オーマ。オーマネームは白にして白銀。
[[イベント59 決戦FVB|http://kaiho.main.jp/hiki-idress/?%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8%A3%B5%A3%B9%A1%A1%A4%DE%A4%C8%A4%E1]]より登場。
 
・ 青森
青森恭平。
小説「頂天のレムーリア」より登場。
詳細は[[「青森救出作戦」|http://kaiho.main.jp/hiki-idress/?%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8%A3%B6%A3%B9%A1%A1%A4%DE%A4%C8%A4%E1]]参照。
 
・世界封鎖
ある世界で情報が増大しすぎると世界が、元々の歴史を外れすぎると(たとえば多数のアラダ達や、大戦争等NW住民などの世界移動者による干渉等)、その質量によりその世界の進む速度が、他の世界の速度と違ってくる。そしてやがて、他の世界と接続できなくなってしまう。
 
・ 自由の旗
消費型マジックアイテム。戦いにおいて根源力規定を無視できる。
(○○万以下の根源力PCは即死、等の条件を無視できる)
 
・ 山の盾
消費型マジックアイテム。装甲に+8の効果。
 
・国歌
この絶技を保有国家が使用するとき、戦闘判定は×3.38(評価3)されるが、撤退もできなくなる。
 
・ Hペンギン
ハードボイルドペンギンの略。白オーマでオーマネームは白にして黄金。
ゲームガンパレード・オーケストラ白の章より登場する神。
ゲーム中では、鈴木真央の家に居候し、ファンタジアという愛称で呼ばれていた。
探偵であり、ヘビースモーカーであり、是空藩王らの師匠でもある。
FEGにACEとして滞在。
 
・ TAGAMI
ゲーム精霊機導弾より登場(田神)。S.TAGAMI。ゴールドプラチナの髪をしたルン(橙)オーマ。
口がきけない(が、テレパシーで意志は通じる)。
Aの妻(カダヤ・アンプ・ガーマ:ガンプ(青)オーマの妻)にして、芝村舞らの養母。元セプテントリオン。
永遠の寿命と再生能力を持ち、聖銃の保持者。夫を捜して世界を渡り歩いている。
ACEとしてるしにゃんとして、るしにゃん王国に滞在。
 
・ 森さん
ゲームガンパレード・マーチより登場。森精華。
第5世界では5121部隊に所属、整備士として原素子を尊敬し補佐する。ふっくらした頬と頭のバンダナがチャームポイント。真面目な性格で、あせると言葉になまりが出る。茜大介の義理の姉。
詩歌藩国に滞在するACEで、整備行為ができ、整備判定に必ず成功するという特性を持つ。
 
 
'''3.作戦意義'''
 
小笠原ゲートがある後ほねっこ男爵領には、未だ白オーマの本隊が居座っていた。
だが、白オーマ内紛の報が入り、また非公式に「あまり時間がない」との情報を入手したニュー・ワールド(NW)。冒険チケットを持った2人が偵察を申し出た。
危険な地に赴く彼らをバックアップすべく、NW全体が動く。
初戦以来ずっと受け身で戦ってきたが、侵攻した小笠原にて勝利、オーマと対等に戦うための軍備も整いつつあった。
更に、広島や宇宙という新たな戦場と敵の存在も浮上してきたこともあり、ここで白オーマとある程度の決着をつける時期に来ていた。
 
 
'''補記:ゲーム結果ログ'''
 
[[<ゲーム結果:後ほねっこ男爵領戦(4月22日)> |http://blog.tendice.jp/200704/article_54.html]]
[[<ゲーム結果:後ほねっこ男爵領奪回戦(前編)>|http://blog.tendice.jp/200704/article_55.html]]
[[<ゲーム結果:後ほねっこ男爵領奪回戦(後編)> |http://blog.tendice.jp/200704/article_56.html]]
 
'''要約:苦い勝利'''
 
偵察隊は赤星隊、月空隊の2手に分かれそれぞれ別ルートより偵察を開始した。だが赤星隊は敵の警戒網にかかり白オーマに攻撃を受けてしまう。空にはワールドタイムゲートが開き、チル・オズル・アウドムラ1000万が降下してくる中、月空隊はNW本隊のために偵察を続け、日向と土場藩国のあさぎ藩王は、それらの情報を本隊に知らせるべく走る。
 
到着した本隊は、報告を受けて、まず前回の戦いで絶技を取得した「白にして秩序」が単機突入、赤星隊を救助するが、そこに「白にして白銀」G.日向が立ちはだかる。
 
白オーマ側は8000のアラダを捨て駒として中央部隊4000は世界封鎖を避けて撤退を開始。本隊はオズルら1000万の敵を空中で粉砕。だがアウドムラ20が質量爆弾として落下してくる。
そして日向は攻撃を受けて光となり、G.日向に吸収されてしまう。
 
詠唱部隊がアウドムラを落とし、「赤にして慈悲」とHBペンギン、TAGAMIが参戦、復活した偵察部隊と共にG.日向を倒して光に返した。
 
そのまま白オーマ達はNWから撤退した。だが、磯貝みらのを掠ったB.ヤガミの行方は未だ知れずヤガミは、この後、長く行方不明となる
そして、TAGAMIが、つぶやく。”絢爛世界が崩壊したわ”…。