塔の前・表玄関  Index  Search  Changes  Login

星見の塔・分室 - イベント 広島偵察作戦 まとめ Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

 
この項目は、現在編集中です。
 
 
広島偵察作戦
 
 
'''1.経緯説明'''
 
[[<戦闘概報 ターン5における歩兵の復活>|http://blog.tendice.jp/200704/article_19.html]]
にて明かされた、次なる戦いの舞台は、広島作戦、小笠原作戦、反撃作戦。
 
このうち、小鳥遊@芥辺境藩国さんと、む〜む〜@紅葉国さんが、以前、吏族のダンスパーティでのビンゴ大会
[[<速報:イベント63 吏族ダンスパーティ>|http://blog.tendice.jp/200703/article_42.html]]
において獲得した、「2位 危険な冒険への参加権利」を使用して、それぞれ小笠原及び広島への偵察隊を編成・参加することを志願した。
[[<FAQ質疑応答4月11日>|http://blog.tendice.jp/200704/article_27.htm]]
 
この戦いには、2人と同じ卓(食事、TVどちらでも可)に参加した人のみが出撃できる出撃できた
つまり、吏族、それも限定されたメンバーのみで構成された部隊となる。
 
広島へはむ〜む〜@紅葉国さんを中心として赴くこととなった。
 
 
'''2.重要人物NPC、設定の説明'''
 
・ 日向
ゲーム式神の城より登場。日向玄乃丈。白にして白銀
大神族の血を引き、狼に変身できる。
詳細は[[<イベント65>作戦立案|http://kaiho.main.jp/hiki-idress/?%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8%A3%B6%A3%B5%A1%A1%A4%DE%A4%C8%A4%E1]]参照
 
・ 山岳騎兵
山林地域での行動に特化した騎兵部隊。
主装備は生物兵器である雷電。使用ウォードレスは、素肌から着られる「彼方」を主に使用。
広島には、増強山岳騎兵(の生き残り)で編成された、通称「シュークリームナイト小隊」が存在する。
レーダーも誘導機もない山岳騎兵では、動物兵器の嗅覚や直感以外にも、非公式にダウジングや幻視を使う。
[[<NOTボーナス ガンパレード・オーケストラ緑の章(13)>|http://blog.tendice.jp/200603/article_88.html]]
 
・ 雷電
遺伝子改造によって生み出された、体長3mの動物兵器。99式雷電。鵺とも呼ばれる。
幼生から繭を経て成体となる。幼生時の育て方により、獅子、狐、狼、の3タイプの形態のいずれかに成長する。
尽きることのない戦闘欲、殺戮本能を持つが、知能が高く主人には忠実である。
山岳騎兵隊にはなくてはならないパートナーである。
 
・ 源
ゲームガンパレード・オーケストラ緑の章 に登場。源健司(げんけんじ)。
広島の「シュークリームナイト小隊」所属。実は黒オーマで、育ての親はエイジャ兄弟(らしい)。
パートナーの雷電はグリンガム(獅子タイプ)。
考えるのはあまり得意ではないが身体能力に優れ戦闘能力は高い。ガムが好物。芝村英吏とは喧嘩友達。
「しょうがねえな。んで、とりあえずの喧嘩相手は」
[[<NOTボーナス ガンパレード・オーケストラ緑の章(9) 拡大版>|http://blog.tendice.jp/200603/article_76.html]]
 
・ 英吏
ゲームガンパレード・オーケストラ緑の章 に登場。芝村英吏。
広島の「シュークリームナイト小隊」所属。芝村一族で、熊本武士の異母兄弟。
薄いフレームの眼鏡をかけた、金髪美形デブ。
パートナーの雷電はクイーンオブハート(狐タイプ)
参謀に生まれついたような明晰な頭脳を持つが、恋愛になると頭脳が全く働かなくなる。
性格が真逆の源と、良い喧嘩友達。
「能力の問題ではない。芝村の問題だ。芝村が決め、芝村が戦う。協力には感謝する。礼もしよう。だが言おう。俺は誰の許しもえようとは思わぬ。俺の言うことをきけ。それだけだ」
[[<1日目(朝) ガンパレード・オーケストラ(緑)コース>|http://blog.tendice.jp/200612/article_5.html]]
 
・ 青
青にして青。ガンプ(青)オーマのリーダー。ここでは現在のリーダーである青の厚志のことを指す。
ゲームガンパレード・マーチより登場(当時の名前は速水厚志)
詳しくは[[<E91 ガンパレード・ブルー>|http://kaiho.main.jp/hiki-idress/?%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8%A3%B9%A3%B1%A1%A1%A4%DE%A4%C8%A4%E1]]参照
 
 
'''3.作戦意義'''
 
アプローの涙事件の終末頃、第5世界広島において始まっていた戦い。
[[<番外 戦闘詳報 Aの魔法陣による大規模作戦(1)>|http://blog.tendice.jp/200612/article_126.html]]
クーラ・ベルカルドが撤退した後を埋めるように侵攻してきた敵。その黄色いペンダントをつけた少女たったひとりに、全部隊は撤退を余儀なくされた。
[[<番外 戦闘詳報 Aの魔法陣による大規模作戦(3)>|http://blog.tendice.jp/200612/article_128.html]]
 
そのまま時は過ぎ、現在の広島の状況は全く分かっていない。
が、少女がオーマである可能性は非常に高く、NW(ニュー・ワールド)が白オーマの侵攻を受けているのと同じく、危機が訪れている可能性が大であった。
 
また、広島には源健司ら「シュークリームナイト」小隊を率いる善行忠孝や芝村舞、瀧川陽平等がおり、白オーマがACE狩りを目的にしていることもあって、彼らの身の上に危険が迫っていることも十分考えられる。
 
これらを考え合わせるとなるべく早い時期に広島に赴くことが必要と考えられたため、現地の情報が皆無という危険な世界だが、偵察を行うことにした。
 
 
'''補記:ゲーム結果ログ'''
 
[[<ゲーム結果:広島偵察戦(完勝)> |http://blog.tendice.jp/200704/article_35.html]]
 
'''要約:勝利'''
 
広島に赴いた部隊が目にしたものは、広範囲にわたって森が燃えている光景だった。
偵察の結果、敵と味方を共に発見することができた。
味方と部隊は、ちょうど敵を挟む位置にいたため、同行していた日向に頼んで向こうの味方部隊にいるであろう雷電に連絡を付け、タイミングを計って奇襲挟撃を行い、敵を全滅させた。
味方は学兵部隊。源と英吏がその中におり、広島ACE組とコンタクトをとることに成功した。