星見司・出仕処・掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.215] [固定リンク][非] 直接的な考察ではありませんが… 投稿者:沙崎絢市@無名騎士藩国@3級  投稿日:2007/08/02(Thu) 01:57:23
[関連記事

 かなり的外れな感じもしますが、「NWと第五世界広島を繋ぐゲートって、同じ世界同士を繋いでオカシイよね…」という点に絞って考えてみました。



・「第五世界=NW」が正しければ、NW上で第五世界の技術以外の世界技術が同時に稼働している点が矛盾している(※NWで複数世界技術が稼働するのは、エレル上にあるから)。

・仮に、第五世界とNWがワールドクロスしているとした場合、ワールドクロス中の世界は見分けがつかない。しかし「NWは20万年前の第五世界」と言われつつ「複数の世界技術が稼働している」となっており、矛盾している。

・対緑オーマ戦の舞台だった第五世界広島への出兵にはゲートを使用している。NW=第五世界であれば、同一世界にゲートが開いたことになり、矛盾する。

以上から、素直に捉えると、
・NWは第五世界ではない。
・NWと第五世界はワールドクロスしていない。
・「NW=20万年前の第五世界」であり、第五世界とは別世界。
…となる。


 もう少し考える。

・NWでは複数の世界の技術が使える(=エレル)。
・仮に物理域で表現すると「複数の物理域が重なった状態」と考えられる。
・同一世界にゲートが開かない理由は、ゲートを伝達するものが世界最速の光であるから(光には追いつけない)。
・自分自身から出た光が自分に戻ってくる現象として想定されるのは、時空間湾曲やブラックホールである。

想定1:自分自身がブラックホール化している。
想定2:近隣に、ゲート(伝送路)を歪める程の超巨大存在がある(伝送路の歪みによって、見かけ上の速度が光より世界の方が速くなっている)。

想定1の場合は、自分自身が静止してしまうので、今の状況には合致しないと思われる。
想定2の場合、ゲート内を通過中の光が膨大な量になり、ゲート自身を歪めている可能性が考えられる。

 通常、光(ゲージ粒子)が質量0と仮定されるのは、対象同士の間で相互に交換されるからである。もし交換先が無い場合は、質量を持つ必要が出てくる。
 ゲート伝送中の光が、伝達前に補完先を喪失した場合、質量(エネルギー)を獲得してしまうのではないか?と考えます。
 これによりゲート内の光速度が低下し、世界の方が速い事態が生じ、結果として同一世界を繋ぐ様な現象が発生しているのかなと、考えました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー