星見司・出仕処・掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.292] [固定リンク][非] レイカが本来阻止する筈だった時間犯罪 投稿者:蘭堂 風光@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2007/08/03(Fri) 21:10:40
[関連記事

最初の時間犯罪は

6日目・昼 式神の城ルー4 Cコース
2007年に移動し、以下の指令を達成せよ。
”結城小夜の身柄を確保”
ttp://blog.tendice.jp/200512/article_26.html
に提示され、
13日目 レイカ・任務失敗
ttp://blog.tendice.jp/200512/article_91.html
でおそらく阻止に失敗したと思われる2007年に結城小夜に関連して起きたであろう時間犯罪であると推測します。

根拠としては、
NOTボーナス 式神の城3 前伝1
レイカは悪党を逮捕する。
それが出てきたことは世界を支配するコンピュータが、断固たる膺懲の一撃を放ったことを意味する。
たとえそれで世界が滅亡して銀河連邦が崩壊しても、守らなければならない一線を、正義を守らなければならないならば、
コンピューターは決まって歴史保安警察1440万7千2百知類の捜査官の中から、いつもただ一人を、あの翠色の髪の伝説を選んで派遣した。
ttp://blog.tendice.jp/200602/article_1.html

にあるようにおそらく世界を支配するコンピュータがそれ程重要と考える事件であり、
なおかつ儀式魔術絢爛舞踏祭の中頃(6日目)であるにも関わらず時間跳躍能力を持つレイカでないと解決が難しかった事なのではないかと考えます。
そしてその時間犯罪は
10日目・朝 熊本城攻防戦2デストラップ
「……あの子が出て来ると思ったけど、まさかこんな大物が罠にかかるなんてね。でもこれで、我々の勝ちよ。ターイムガール」
レイカはブラスターの狙いをつけたまま顔をしかめる。
「どういうこと?」
麦藁帽子をとり胸にあてたPLは、祈り、そして麦藁帽子を投げ捨てた。
PLは銃を構える。
「エレルがない今、時間跳躍にも限界はあるのよ」
ttp://blog.tendice.jp/200512/article_63.html
である事から考えて、瀧川の抹殺ではないと考えられる。

以上の事から最初の時間犯罪はレイカが本来阻止する筈だった時間犯罪であると考えます。

以降は蛇足ですが、この為、レイカ抜きの時間跳躍の方法が必要になるのではないかと考えます。
後、レイカ抜き世界を騙して時間跳躍する方法についてはさっぱり検討が付きません。(汗

さらに蛇足

ボーナストラック <海法戦記>
「なにも。そう、光太郎君、おだいじに。たぶんすぐにでもロイ君が君を看病に来るだろう。それと今度のようなことはしないことだ。彼らが残した穴は僕がふさがせて貰った」
ttp://blog.tendice.jp/200512/article_125.html
にある事から光太郎が自分の意志で世界移動を行ったようにも見えるが、なぜ側に居なければ衰弱するであろう式神の小夜を置いて世界移動を行ったのだろうか?


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー