[掲示板へもどる]
一括表示

[No.341] [固定リンク][非] イベント85 故郷への長い旅 まとめ 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/20(Thu) 21:51:06
[関連記事

86〜90は、戦闘ではないため、スキップします。


[No.342] [固定リンク][非] これまでのお話 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/23(Sun) 23:20:30
[関連記事

イベント 共和国の行く末
ttp://blog.tendice.jp/200704/article_3.html
において、4カ所の侵攻先を示されたにゃんにゃん共和国は、そのすべてに兵を派遣することを決定した。

そのうちの一つ、広島(第5世界)。
まず行われた偵察は成功裏に終わり、現地の山岳騎兵等と接触することに成功した。
ゲーム結果:広島偵察戦(完勝)
ttp://blog.tendice.jp/200704/article_35.html

だが、一度広島とのリンクが切れ、リンクゲートを再建するための200億を準備している間に、敵である黄(セマ)オーマの勢力は拡大、広島は危機的状況に陥っていた。
テンダイス:一方、その頃。広島戦線(時間切れ間近)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_18.html

NW側は広島に部隊を派遣、現地の善行達を助けて広島市民の避難をとりあえず成功させた。
イベント80 広島侵攻(緊急情報付き)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_24.html
ゲーム結果:イベント80 広島先行(前哨戦)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_28.html

だが、本国との連絡が再び途絶えてしまい、広島部隊は孤立した。

部隊の総指揮官である、海法よけ藩藩王は、
コースA・広島市民を守って、1100万の機動兵器と戦って青の厚志と合流する。
コースB・広島市民を輸送艦に乗せて海路東京付近で降ろし、そのまま帰る道を探す。
のどちらかの選択を迫られた。

海法藩王は、コースAとBの折衷案を選択。物資を現地より調達しつつ、
イベント86 ちょっとした交易
http://blog.tendice.jp/200705/article_45.html
戦いの準備を進めた。


[No.343] [固定リンク][非] 重要人物NPC、設定の説明 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/24(Mon) 21:41:38
[関連記事

・ハードボイルドペンギン
FEG国取得のACE
http://www.zekuu.com/field/index01.htm
ゲーム ガンパレード・オーケストラ白の章 に登場。
ヘビースモーカーな探偵であり、神々の中でも最強の一人であり、冬の宝珠の持ち主。
少年の守り神であり、海法、是空諸氏をはじめとする多くの男達を鍛えた。
原素子と行動を共にしていたこともある。
http://blog.tendice.jp/200605/article_23.html
また、第5世界で、芝村勝吏らと共に戦っていたこともあるという。
「おい、黄色いの」(帽子を被りなおし)「少しばかりは、鍛えなおしてやる。そこに直れ」

・エリザベス・リアティ
夜明けの船の艦長。元太陽系総軍大佐。凄腕の軍人。
肝っ玉母さんタイプで、アキリーズ、ヤガミ、アーシュラ・リアティ(=青の厚志。こちらのみ、正式な養子縁組)及び小カトー・タキガワを息子にしている。
「いくよ、野郎ども、海賊らしくしな。前面、シールド展開。戦闘展帳!」


・ターキッシュバン
akiharu国開発の共和国共通I=D。
ttp://hpcgi2.nifty.com/fakeradio/idwiki/wiki.cgi?p=newid
I=D、艦船として扱う。
白兵戦、中・遠距離戦闘行為ができる。
特筆すべきは、水陸両用で水上、水中、雪上で活動出来るということである。
今回の広島という海及び河川が多い地形での戦闘において、その特性を遺憾なく発揮した。

・夜明けの船
ゲーム「絢爛舞踏祭」に出てくる、火星独立戦線の拠点である船(シールドシップ)。
艦長はエリザベス・リアティ。メインコンピュータはMAKI。
アイドレスには、ゲーム結果:小笠原決戦(2)  
http://blog.tendice.jp/200704/article_51.html
にて援軍として現れた。


[No.344] [固定リンク][非] 作戦意義 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/25(Tue) 20:11:15
[関連記事

広島と本国(NW)との連絡が絶たれてしまった。

侵攻を進めるセマオーマより市民を守らねばならず、さりとて戦いに必要な物資を本国より入手することは不可能となった。
そこで現地の勢力と合流してそのままセマオーマの軍勢と戦い、それを殲滅することで市民を守るか、それともいったん市民を完全に戦禍の及ばないところに送り届けてしまい、自らもまず本国へ戻るルートを探索するか、どちらかを選択することとなった。

しかし、どのみち戦わないとならない敵から逃げることは、ただ事態を先延ばしにしているだけとなる。また、先の広島前哨戦により現地戦力の一部とコンタクトがとれたということより、まずセマオーマと戦うことを選択した。

が、NW側の広島が破壊されたとの情報があり、
ゲーム結果:EV81 偵察機迎撃作戦(戦略的大敗)
http://blog.tendice.jp/200705/article_30.html
この結果、こちらの広島世界にもその影響が及ぶ可能性が大となり、市民を広島の外に避難させる必要が生じた。

よって、両者の折衷案、つまり青と合流をはかりながら戦いつつ、市民を海路で避難させる、という作戦を立てることとなった。


[No.345] [固定リンク][非] 全体まとめ 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/25(Tue) 22:12:59
[関連記事

ステージ6 イベント85 故郷への長い旅
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_44.html


1.経緯説明

イベント 共和国の行く末
ttp://blog.tendice.jp/200704/article_3.html
において、4カ所の侵攻先を示されたにゃんにゃん共和国は、そのすべてに兵を派遣することを決定した。

そのうちの一つ、広島(第5世界)。
まず行われた偵察は成功裏に終わり、現地の山岳騎兵等と接触することに成功した。
ゲーム結果:広島偵察戦(完勝)
ttp://blog.tendice.jp/200704/article_35.html

だが、一度広島とのリンクが切れ、リンクゲートを再建するための200億を準備している間に、敵である黄(セマ)オーマの勢力は拡大、広島は危機的状況に陥っていた。
テンダイス:一方、その頃。広島戦線(時間切れ間近)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_18.html

NW側は広島に部隊を派遣、現地の善行達を助けて広島市民の避難をとりあえず成功させた。
イベント80 広島侵攻(緊急情報付き)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_24.html
ゲーム結果:イベント80 広島先行(前哨戦)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_28.html

だが、本国との連絡が再び途絶えてしまい、広島部隊は孤立した。

部隊の総指揮官である、海法よけ藩藩王は、
コースA・広島市民を守って、1100万の機動兵器と戦って青の厚志と合流する。
コースB・広島市民を輸送艦に乗せて海路東京付近で降ろし、そのまま帰る道を探す。
のどちらかの選択を迫られた。

海法藩王は、コースAとBの折衷案を選択。物資を現地より調達しつつ、
イベント86 ちょっとした交易
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_45.html
戦いの準備を進めた。


2.重要登場NPC、設定の説明

・ハードボイルドペンギン
FEG国取得のACE
ttp://www.zekuu.com/field/index01.htm
ゲーム ガンパレード・オーケストラ白の章 に登場。
ヘビースモーカーな探偵であり、神々の中でも最強の一人であり、冬の宝珠の持ち主。
少年の守り神であり、海法、是空諸氏をはじめとする多くの男達を鍛えた。
原素子と行動を共にしていたこともある。
ttp://blog.tendice.jp/200605/article_23.html
また、第5世界で、芝村勝吏らと共に戦っていたこともあるという。
「おい、黄色いの」(帽子を被りなおし)「少しばかりは、鍛えなおしてやる。そこに直れ」

・エリザベス・リアティ
夜明けの船の艦長。元太陽系総軍大佐。凄腕の軍人。
肝っ玉母さんタイプで、アキリーズ、ヤガミ、アーシュラ・リアティ(=青の厚志。こちらのみ、正式な養子縁組)及び小カトー・タキガワを息子にしている。
「いくよ、野郎ども、海賊らしくしな。前面、シールド展開。戦闘展帳!」

・ターキッシュバン
akiharu国開発の共和国共通I=D。
ttp://hpcgi2.nifty.com/fakeradio/idwiki/wiki.cgi?p=newid
I=D、艦船として扱う。
白兵戦、中・遠距離戦闘行為ができる。
特筆すべきは、水陸両用で水上、水中、雪上で活動出来るということである。
今回の広島という海及び河川が多い地形での戦闘において、その特性を遺憾なく発揮した。

・夜明けの船
ゲーム「絢爛舞踏祭」に出てくる、火星独立戦線の拠点である船(シールドシップ)。
艦長はエリザベス・リアティ。メインコンピュータはMAKI。
アイドレスには、ゲーム結果:小笠原決戦(2)  
ttp://blog.tendice.jp/200704/article_51.html
にて援軍として現れた。


3.作戦意義

広島と本国(NW)との連絡が絶たれてしまった。
侵攻を進めるセマオーマより市民を守らねばならず、さりとて戦いに必要な物資を本国より入手することは不可能となった。
そこで現地の勢力と合流してそのままセマオーマの軍勢と戦い、それを殲滅することで市民を守るか、それともいったん市民を完全に戦禍の及ばないところに送り届けてしまい、自らもまず本国へ戻るルートを探索するか、どちらかを選択することとなった。

しかし、どのみち戦わないとならない敵から逃げることは、ただ事態を先延ばしにしているだけとなる。また、先の広島前哨戦により現地戦力の一部とコンタクトがとれたということより、まずセマオーマと戦うことを選択した。

が、NW側の広島が破壊されたとの情報があり、
ゲーム結果:EV81 偵察機迎撃作戦(戦略的大敗)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_30.html
この結果、こちらの広島世界にもその影響が及ぶ可能性が大となり、市民を広島の外に避難させる必要が生じた。

よって、両者の折衷案、つまり青と合流をはかりながら戦いつつ、市民を海路で避難させる、という作戦を立てることとなった。


補記:ゲーム結果ログ
ゲーム結果 イベント85 故郷への長い旅(前編) (後編)(追補編)
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_52.html
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_53.html
ttp://blog.tendice.jp/200705/article_54.html

要約:痛みを伴う勝利
作戦を遂行する前に、恐れていた事態が起こった。
NW側の広島消滅の影響か、こちら側の広島で大規模な地震が頻発し出したのである。
市民達は倒壊する建物から逃げまどい、同時に市内に敵が市内に浸透してきた。また、敵は海にも駒を配置していた。
乱戦模様になる中、ナニワアームズ商藩国のサターン藩王をはじめとする何人もが戦死。
駆けつけた夜明けの船やACE達と共に奮戦するうちに、ようやく青の厚志と合流。敵を押し返した。
第一の目的である広島市民の海上輸送による避難は、ハードボイルドペンギンの尽力もあり無事完了した。
が、サターン藩王、世界忍者国摂政を含め3名が戦死判定となり、ナニワアームズ商藩国は滅亡の危機に瀕する。
その運命は、海法よけ藩国いしころりんさんの復活ゲームに委ねられることとなった。

告知:サターン復活作戦(修正2)中継場所など告知
http://blog.tendice.jp/200706/article_5.html
ゲーム結果:サターン復活作戦リプレイ(前編) (後編)
ttp://blog.tendice.jp/200706/article_9.html
ttp://blog.tendice.jp/200706/article_10.html

担当:
1.〜3.及びまとめ 森沢@海法よけ藩国


[No.347] [固定リンク][非] 追加というか 投稿者:飛翔@海法よけ藩国  投稿日:2007/09/26(Wed) 19:01:21
[関連記事

広島関係はイベントが多いので縦にさっくりまとめてみました。
イベントのまとめというより広島まとめです


・黄(セマ)オーマ
黄金戦争の前身、アプローの涙最終戦で姿を現したオーマ。
青により捕獲されるまで広島に居座り続けていた。

・赤(ビアナ)オーマ
偵察時に、アイドレス世界の広島へ核を打ち込んだオーマ。
後に宇宙戦で対峙することになる。

・テラ
アイドレス世界における、PLがいた星。
地球の同一存在だと思われるが詳細不明。

・広島
アイドレス世界は、第5世界の20万年の世界であるため
アイドレス広島と第5広島は同じものである。
PL達はリンクゲートと呼ばれるもので、時間を越えて進攻することになる。

・前提条件
PLの目的は、侵攻してくるオーマの撤退である。
これは、オーマの存在が世界閉鎖につながり、アイドレスのゲームオーバーを意味するためである。


1.アプローの涙 大動員戦
セマオーマが情報の空白を利用し、世界移動により第5広島に姿を現した。
PL達はセマの操る人形に対し善戦するも、歌による地割れで撤退を余儀なくされる。
以後第5広島にセマが駐留し続ける。
(この時点では、オーマであることは分かっていたが、セマであることは確定していなかった)


2.第5広島 偵察戦、及び第一次進攻 ※EV85等
大きく間が開いてしまったものの、PL達は第5広島への進攻を開始する。
手始めに吏族による偵察が行われた。
結果は完勝。
現地の山岳騎兵(ゲームGPO 緑の章の部隊)と協力関係を築く。

一方アイドレス世界では、黄金戦争初期から暴れていたリンオーマを撤退させることに成功していた。
が、同時に第5広島救済が時間切れ間近であることを知らされる。
PL達は新たな派兵先を第5広島に決定。リンクゲートを開き、戦闘を開始する。


3.アイドレス広島 崩壊 ※EV81
第5広島での戦闘が開始されるとほぼ同じくして、アイドレス世界、テラ衛星軌道上に敵を発見。
送り込まれる偵察隊への迎撃戦が行われる。
不幸にも大敗。
偵察機の”自衛兵器”である熱核ミサイルによりアイドレス広島が吹き飛ぶ。
これによりアイドレス世界には核の冬が訪れることになる。


4.第5広島 第2次進攻 ※EV85
アイドレス広島崩壊により、第5広島はアイドレス世界と接続が切れてしまった。
その為、青と協力しセマの早期撃破が計画され
まずは1100万の機動兵器との戦闘が開始される。

また、アイドレス世界は第5世界の20万年前の世界であるとされていた為
歴史修正などで第5広島に遠からず影響がでるであろう、という予測から、第5広島市民の避難も開始される。
(この予測は後に正しかったことが判明し、あのまま放置していれば、第5広島は”別の世界”になっていたとされる)

結果は勝利。
敵戦力を大きく削り、青との合流を果たす。
ただし一部PCが死亡するなど、完勝とまではいかなかった。


5.アイドレス世界の復興 ※EV84
偵察隊迎撃戦により核の冬が訪れようとしているアイドレス世界では
放射能を除去するためヒマワリを植えることにした。
(現実にヒマワリには放射性物質を土壌から吸い上げ、蓄積する効果があるとされている)
結果、ヒマワリはアイドレス世界を埋めつくし、核の冬は回避された。


6.第5広島 第3次進攻 ※EV89、91
アイドレス世界の復興はなった。
接続は回復したものの、今だセマが第5広島にいる影響で、第5世界は世界閉鎖間近となっている。
既に第7ターン終盤、次で決着をつけるため、大規模輸送が行われ、決戦が開始される。
結果は完勝。
これによりリンに続き、2つめのオーマ撤退を成功させる。


7.第5広島の復興 ※EV92
セマは追い払った。
が、第5広島は、長期のセマ滞在、アイドレス広島崩壊の影響で
大きな損害を受けてた為、これを復興することになる。
以後、第5広島に滞在するACEに、死亡の危機はなくなった。
これを以て広島への介入が終了となる。