星見司・出仕処・掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.720] [固定リンク][非] 全体まとめ 投稿者:森沢@海法よけ藩国  投稿日:2007/12/01(Sat) 19:02:08
[関連記事

ステージ4 イベント40 キノウツンの誇り
http://blog.tendice.jp/200702/article_15.html

1.経緯説明

イベント18初めての戦争 にて、失態をしでかしたわんわん帝國。
宰相は帝國内に粛正を行って引き締めを計ると同時に、にゃんにゃん共和国にゆさぶりをかけるべく、たけきの藩国藩王たけきのこ藩王を使者として送り込んだ。

戦闘概報 <全員水泳大会事件>
ttp://blog.tendice.jp/200701/article_86.html
ゲーム結果:イベント24 帝國査問会、結果
ttp://blog.tendice.jp/200701/article_101.html
イベント27 帝國からの密使
ttp://blog.tendice.jp/200701/article_104.html

だが、共和国大統領タマは、和平を願うたけきのこ陛下を幽閉し、自分の地位を脅かす存在と目したFEG藩王是空藩王を陥れ、なおかつわんわん帝國との開戦で己の人気をあげようと策略を巡らせた。
イベント35 FEG査問会→シナリオ分岐
ttp://blog.tendice.jp/200702/article_3.html

だが、レンジャー連邦の惨劇と呼ばれる市場の危機により、大統領の権威と人気は失墜し、失脚目前となったタマは、是空藩王をも自邸に幽閉したのだった。
レンジャー連邦の惨劇、リワマヒラッキーヒット
ttp://blog.tendice.jp/200702/article_10.html
イベント35 FEG査問会結果 →暗闇コースへ
ttp://blog.tendice.jp/200702/article_18.html

是空藩王との仲の悪さにより、大統領よりFEGをつぶす駒と見なされていたキノウツン藩国だが、たけきのこ藩王や是空藩王に対する大統領の仕打ちを知り、各国の兵と共にドリームチームを結成、2人を開放すべく大統領私邸に襲撃をかけた。


2.重要人物NPC、設定の説明

・ドランジ
ゲーム絢爛舞踏祭に登場。カール・ドランジ
本名、カール・ヨウヘイ・ドランジ。瀧川一族。
地球軍太陽系宇宙総軍大尉で、優秀な軍人。
今回はレンジャー連邦のACEとして参戦。
護るべき舞踏子がいると能力が+3にあがる(らしい)。
「好きな女くらい、見ただけで分かりたいじゃないか」

・瀧川陽平
ゲームガンパレード・マーチより登場。
第5世界において、5121部隊に入り、青の厚志(速水厚志)や茜大介と親友となる。
士魂号2号機のパイロットをつとめ、後に人型戦車の名パイロットとなる。
同じ5121部隊の石津萌と結ばれ、絢爛世界において名をはせる瀧川一族の祖となる(予定)。
一族の一人、ヴィクトリー・タキガワが、リン(白)・オーマの天敵となる運命のため、ヴィクトリーの祖先である彼をはじめとする一族は、リン・オーマが中心のセプテントリオンから執拗に命を狙われている。
なお、通常は「滝川陽平」と書くことが多い(テスト等で漢字を書くのが面倒くさいため)。
今回は芥辺境藩国のACEとして参戦。
「なんか良くわかんねえけど、素直になってみなよ。俺が言えるのは、それだけ。あ、それと困ったら俺に言えよ。俺はお前の味方だ。今俺が決めた。俺の名前は瀧川陽平。青の友だ」

・スリーマン・ワンセル
3人を1つの戦闘単位として行動すること


3.作戦意義

たけきのこ藩王及び是空藩王の救出は、絶対条件である(藩王が亡くなると、その藩国は自動消滅)。

ことに、和平の使者であるたけきのこ藩王を失うことは、わんわん帝國との全面戦争の引き金になるおそれもあり、なんとしても避けねばならなかった。

また、タマ大統領の捕縛も、このような所行を成す人物を野放しするのは危険なだけでなく、その所行の背景に何があるのかを探るためにも必要であった。


補記:ゲーム結果ログ
ゲーム結果:イベント40 キノウツンの誇り(大勝)
ttp://blog.tendice.jp/200702/article_25.html
物語で見るイベント40の結果 是空ぎゃふん
ttp://blog.tendice.jp/200702/article_37.html

要約: 目的達成

部隊を5班に分け、陽動、監視網破壊等を行いながら、とらえられた2人の救出及びタマ大統領の捕縛を試みた。
作戦途中で敵増援部隊が向かうという情報が入ったが、ひるまず作戦続行。
各班がそれぞれの能力を生かして成果をあげ、周辺制圧、私邸突入に成功した。
なんと、タマ大統領は絶技を使って抵抗し逃走を図った(絶技を使用できるのはオーマだけである)。
2人の居場所もなかなか分からない。
だが、ドランジらの活躍もあり、タマを殺すことなく捕縛に成功、隠し通路も発見し、無事2人の藩王とその随員らを保護することができたのであった。

1〜3及びまとめ 森沢@海法よけ藩国


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー