星見司・出仕処・掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.78] [固定リンク][非] 【依頼】イベント『デスの死』および、関連する小笠原ゲームについてのご協力願い 投稿者:雅戌@玄霧藩国  投稿日:2007/07/04(Wed) 23:03:14
[関連記事

大変お世話になっております。玄霧藩国です。
T8の新アイドレス取得において、当藩国が取得したイベントアイドレス『デスの死』につきまして、
星見司の皆様にお願いがあって参りました。

概要をまとめた結果として長文となっております。申し訳ありません。


はじめに・概要:
当藩国の滞在ACEであるドクトル・デスが、新アイドレス『デスの死』の取得により死亡してしまうことがわかりました。
これを阻止するために、どうか星見司の皆様のお力をお貸し下さい。


経緯:(ゲームログ:http://blogiri.at.webry.info/200707/article_1.html
1.『デスの死』の取得申請が済み、彼が今後どうなるか判らないという事で、当藩国に所属するプレイヤーであるイクさんが、小笠原ゲームでデスに会いに行きました。
2.ゲームの最中、ドクトルデスはイエロージャンパー(ヤガミとは明言されず)に殺害され、光にされました。吸収された形跡はありません。
3.イエロージャンパーは『デスの死』の取得により依頼されてやってきただけだ、といいました。
4.ゲーム終了後の会話で、
・デスが死ぬのが、イベント成立であること。
・イエロージャンパーが殺さなくても、デスにはまもなく寿命が来て死ぬこと。
・死亡を阻止できるかもしれないこと。
・イエロージャンパーと会ってみることも出来ること。
・デスが死ぬのは(主観的には)未来の話であること。
(本番がある。ただし、『このゲームはなかった事』ではない:テンダイスによる要点開示にて、このゲームログの公開が含まれていることも根拠足りうる)
等のお話を頂きました。

玄霧藩国としましては、
「デスの死イベントを取得したのだから、確かに彼が死ぬ可能性を考えなかったわけではない。ただし、デスが無条件にただ死ぬというのは許容できない。
このイベントに彼の幸福がないのであれば、イベントを取った意味もデスを藩国に呼んだ意味も失われ、
また藩国民が悲しむことになる。よってこれを阻止し、デスを生存させたい」
と考えており、何より藩国民であるイクさんをはじめとした数名の方が泣いてしまわれる事だけは避けなければならないので、この状況の打開を目指して行動させていただきたいと思っております。

つきましては、デスを死亡させないための手段などについて、星見司の方の視点からご意見をいただきたく、お願い申し上げます。

当藩国から星見司の皆様にご助言いただきたいのは、主に以下の内容になります。
・デスおよびイエロージャンパーの男(ヤガミ?)の、目的・意思。
・デスが設定的・ゲーム的に死亡しないために玄霧藩国が行うべき行動プラン。
・デスを治療するための設定的・ゲーム的手段。

以上となります。
その他アドバイス頂ける事がありました場合も、是非ご教唆下さい。お願いいたします。


また、参考(になるかは怪しいものですが)として、
現在、玄霧藩国側で立てている推測を以下に付記しておきます。もしよろしければご参照願います。

前提(根拠はおおよそゲーム後の会話から):
1.小笠原ゲームによって事態を変化させることが可能である。
(今回のゲームが発生したことそのもの&ゲーム後会話の『ヤガミと話してみるといい』というお話より、小笠原ゲームがゲームに直接介入できる手段の一つである可能性は高い)
2.イクさんは、イエロージャンパーと会ってみるとよいらしい。
3.このゲームは未来の話にあたる。『デスの死』本番は存在する。
4.テンダイスにおいて、デスの死イベントの要点は既に公示されている。
5.イエロージャンパーによって光にされることは、デスにとってはそう悪いことではない。

推測:
・前提1・2より、イエロージャンパーと話をすることで、事態の解決に関するヒントを貰う事が出来ると考えられる。
・前提1・3より、もし今回のゲームより前に対して、(イクさん以外のPCが)小笠原ゲームを行う事が出来るのであれば、デスに会って話を聞くことも出来ると考えられる。
・前提3・4より、『デスの死』本番はイベントの要点を満たして提出することそのものか、或いは提出によって発生するゲームであると考えられる。
・前提5より、デスの死は(たとえ寿命と言われていたとしても)真っ当でない死であり、阻止するのは通常の医療行為では不可能である可能性が高い。

以上推測から、具体的な行動を起こす場合の方法として以下を用意しています。
尚、これらの手段については、基本的にイクさんとお話をしながら考えたものです。

行動1:
イクさん(と、一緒に行けるのであれば他にも誰か)が、小笠原ゲームを起こし、前回ゲームで出会ったイエロージャンパーに会う事で、
デスの死に纏わる情報の取得や、イエロージャンパーに協力を求めることなどを狙う。

行動2:
イクさん以外の国民が小笠原ゲームを起こし、前回ゲームより以前の時系列でデスに会う。
彼の心情についての理解を深めると共に、彼自身が生存をそう簡単には諦めることがないよう、もし治療方法が見つかった場合には必ず治療を受けてもらえるよう、
コミュニケーションを取れる体勢を作る事を狙う。

行動3:
具体的に、デスの死を除去しうる手段を探す。
その上で、真っ先に思い浮かぶ手段は精霊手。
アイドレスにおいて現在これを保有しているのは、
・HBペンギン
・瀧川陽平
・滋賀小助
・トラオ・テンダーブルー
・香川優斗
・青の厚志
・都築つらねさん(白精霊手)
(取得中ACE含む。漏れあるかもしれません)
以上7名。このうち、医療に用いることが出来るという実績があるのはトラオの精霊手のみであり、他の手段が有効かどうかは不明。
(トラオの精霊手は石田の寿命による死亡も治療できたので、有効度はかなり高いと思われる。
実治療手段の大本命だが、トラオを取得した鍋の国さんとは聯合を組んでいないという問題がある)

他にも、絢爛世界の技術による延命やクローニング技術による延命、サイボーグ化などの手段が候補に挙がるものの、
『薬でもどうにもならない』状態なので、どれがどの程度通用するのかは不明。

(ここまで)


その他雑多な質問や考察:
・『岩田がヤガミになった際、第六世界でしか生きられなくなったのは、その時助けてくれたのが医者じゃなかったから』
今回のゲームにおいて、そのプロセスを再現(ないし実現)するのではないか。

Q:岩田は聖銃で撃たれた結果として死亡(RtG未公開話やアルファサーガ)し、何かしらの治療によってヤガミになったはずなのに、今回のデスは寿命で死ぬ。ここの食い違いは何なのか?
A(?):
1.岩田が聖銃で撃たれたことによって発生した時間犯罪(というか予定改変)によって、可能性を失って死亡しつつある別の岩田である
2.聖銃でぶっとばされた先で、世界に適応しきれずに寿命で死に掛けてる岩田である。
こんな所ではないだろうか。

Q:岩田の死因は?
A(?):
寿命との事。ただし、石田のように生命維持が不可能なタイプの死なのか、別の要因なのかがわからない。
可能性の死である可能性も捨てきれない。


ご質問などのある場合、雅戌@玄霧藩国(kakujinaru☆hotmail.com)宛てにご連絡下さい。
以上となります。非常に見づらい文章となり、大変申し訳ありません。

皆様各種作業でお忙しい中かとは存じますが、どうか、お知恵をお貸し下さい。
玄霧藩国一同より、伏してお願い申し上げます。


(文責:雅戌@玄霧藩国)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー