トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS

駅開発に伴う人口増大に関する法律 †

現状 †

 共和国環状線の開通に伴い、交通が増したことにより交流が増し、人口増加となって現れています。
 これらは歓迎すべきことでありつつ、こうした新たなライフスタイルは、旧い体制、慣習との軋轢が予想されます。

目的 †

 現状を前提に、海法よけ藩国に生まれる新生児およびその家庭の幸福を増す。

対策1:家庭への援助 †

 女性の産休、育児休暇を充実させ、母子家庭の自立を助ける。同時に増大する母子家庭を新しいライフスタイルと認め、地域社会で助け合うことを啓蒙する。

※母子家庭を保護しすぎることで「そっちのほうが得」になり、旧来の家庭を壊さないバランスを目指す。

対策2:妊娠、出産に関する自己決定権の啓蒙 †

 学校を通じて性教育および避妊に関する知識を啓蒙し、また、産婦人科に関する保険制度を充実させる。

対策3:風俗規制法 †

 性風俗産業に関して調査を行い、存続させる方法で、労働環境の充実を図る。
 存在の必要性を認めた上で、犯罪組織の温床になったり人権を無視した労働が強制されないための許可を義務づけ、また、労働者の健康診断を義務づける。

※規制をきつくしすぎることで、実質的に地下に潜るといったことが起きないバランスを目指す。

2008年12月3日 発布
(法作成者:藩王 海法 紀光)
(チェック:法官 青にして紺碧)

Tag: 法案 提出済み 0812
お知らせ一覧に戻る

トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-21 (土) 06:22:12 (3073d)