トップ   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
[[よけ藩国環状線企画]]

EV124 よけ藩国 共和国環状線参加企画「よけ鉄道」

・島国を生かして観光資源とし、また国内の利便を図ることで国民を楽しませる。
・リンクゲートを使用しつつ、一部に強化ガラス海中トンネルを使用。海中が見えるようにする。
・国内線はトラムを拡張し乗り入れを実現する。よけ鉄道なので、列車が駅をよけて勝手に急行になる時があるとの噂。
・首都では「ようこそ、よけ藩国へ」の、王猫ガミッチ様ポスターがお出迎え。「ネコリスの森」についても記し、観光客への理解を求める。

(アイデア:森沢/文章:海法 紀光)

----
**共和国環状線内「よけ鉄道」概略。 [#ece032a1]
#ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2484.jpg)
#ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2485.jpg)
(あくまでラフの形です。ちょっとだけ変わります。あとでレイアウトとか画像はさしかえ:黒崎)

 tera領域にゃんにゃん共和国群、海法よけ藩国は島国である。

 共和国環状線を通すにあたり、環状線の入り口と出口は隣国までのリンクゲートを使用。両端の一部を海底トンネル化することで、新しい観光名所として国内外にアピールする。海底トンネルを通じて見る、美しい海に生息する珊瑚や魚たちが、あたかもよけ藩国を訪れる人々を迎え入れるかのようだ。海底トンネル内での環状線用動力には潮力発電を利用し、エコロジーなところもちょっとアピールしてみる。

#ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2490.jpg)
(共和国環状線「よけ鉄道」海底トンネルエリア部分/絵:森沢)

 環状線停車駅は[[メガフロートと政庁>http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2347.jpg]]の間に設置。隣には[[入国管理局>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_35.html]]があり、人々の入出国チェックの簡易化が図れるほか、他国行き、または他国からよけ藩国に輸入する資材や食料などの管理もここで受け持つことができる。
#ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2486.jpg)
(あくまでラフです。あとでさしかえ:黒崎)

#ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/2483.jpg)
(あくまでラフです。あとでさしかえ:黒崎)
 駅改札口には王猫ガミッチ様の「ようこそ、海法よけ藩国へ!」の巨大ポスターが乗客を歓迎する。また、駅には国内観光名所のおすすめスポットや乗り継ぎ案内のパンフレットや、時刻表なども用意。駅係員とは別に案内員も常駐し、「[[ネコリス>http://pw1.atcms.jp/yoke2/index.php?%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC]]の住む森にはどう行けばいいの?」といった各種質問の受付や、それぞれの旅行プランに応じたルートなどを案内する。彼ら案内人はホテル予約などの相談にも応じ、ちょっとしたコンシェルジェ風である。

よけ藩国内ではすでに[[汽車による環状線やトラム>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_37.html]]などの交通施設が発達しており、観光客の交通の便をさらに快適にするため、この汽車の停車駅のうちの1つである政庁前駅を環状線駅と接続した。正式開通の暁には、開通式典なども行う予定である。この開通式典にはガミッチ様も登場し、一日駅長として乗客を迎えるとの未確定情報もある。

環状線と、藩国地上鉄道の設置構造としては、JR市ヶ谷駅と東京メトロ南北線市ヶ谷駅の関係と思っていただければ(ごく一部の方には)わかりやすいだろう。

ちなみに、国内環状線だが、よけ藩国の気質をしっかりと受け継いでおり、本来なら緩行線のはずが、空気を読んでいきなり快速に切り替わったり(要は駅を2、3個勝手によけてしまう)するので、注意が必要だ。

(文:青にして紺碧)

**ゲートを抜ければ、そこは…… [#o8e0e94b]

「わー、すごいすごい!きれー!」
「ねぇお母さん!あっち見て見て!お魚が泳いでるよー!」

乗客も一同にほう、とうなって窓の外を見る。眼前に広がるのは汚染されていない、自然の海。珊瑚が生息し、魚の群れが泳いでいく。もちろん、ホログラフィといった類の物ではない。

今日は共和国環状線の正式な開通日前の試運転日として、よけ藩国国民にこの「アクアリウムルート」を開放し、体験してもらうことにした。要は駅から双方向に列車を走らせるが、リンクゲート手前で止まって、また駅へ戻ってくるだけなのだが、国民達はこのアクアリウムルートが気に入ったようで、乗車待ちの列が絶えない。駅員達はうれしい悲鳴を上げていた。これだけの人気なら、立派に観光スポットとして案内できると確信した。

共和国環状線は通常、隣国(環状線加盟国)同士のリンクゲート内を通し、各国の駅に停車する。だが、それだけではつまらないと、リンクゲート入り口/出口からそれぞれ若干のルート変更を施し、わざわざ海中にトンネルを伸ばして路線としたのだ。この列車は、最終的には藩国地下に作られた駅に停車する。

そこからは地上(緩行線政庁前駅)まで理力歩道でつなげる。改札口までの距離が少し長めなので、駅内の壁にはガミッチ様のポスターや各種名産品の案内、お知らせなどを貼り、改札口を通り抜けるまでも退屈させないように工夫を凝らしている。

改札口を抜けたあと、ある者は地上の旅に出かけたり、藩国内を散歩するなど、行動はさまざまだ。いざ環状線に乗ったはいいが、どうしたらいいかわからない、という方のためには案内員を随所に配置し、質問や相談に乗っている。

「うん、評判は上々みたいね」企画を出した森沢が、乗車待ちの国民達の顔を瞑想通信で確認しながらうれしそうに言う。
「ええ、本当に」駅員が応える。彼の顔も喜びに輝いている。

共和国環状線案が持ち込まれたとき、藩国のリンクゲートをそのまま使えば、路線工事はさほど時間もかからなかったのだが「うちは島国ですから、その利点を生かしましょう」と意見を出したのは彼女だ。「にゃん!(とくにさしゆるす)」とガミッチ様の鶴の、いや猫の一声でこの企画が決まった。そこから先、アクアリウムルートの設計図から、トンネルに必要な強化ガラスの硬度計算およびルートの形状、ルートを最終的にどこにつなぐかなど、試運転前の試走テスト日まで、森沢はほぼ貼りつき状態で作業にかかっていた。国民達も一丸となって工事に取り組んだ。これは藩国の国民雇用対策という、思わぬ副次効果を生み出した。「おらさ国が一番だ」の国民が案内員になれば、藩国の魅力は旅行者に良く伝わることだろう。

もうすぐだ。もうすぐ共和国環状線は正式稼働する。その日にはきっと……。
森沢はその日を思い浮かべる。そう、もうすぐなのだ。この藩国がかつてのように賑わう日は……。

(文:青にして紺碧)

***よけ藩国駅弁 [#se39c596]

海法よけ藩国は、周りを海に囲まれており、なおかつ森国として植物の生育に適した土壌という立地の結果、動植物の固有種が多く存在し、他の国とは一風変わった海の幸山の幸をどちらもたっぷり享受できる。

そして、鉄道で旅する旅人達のお楽しみといえば、各地の駅弁。

勿論、NWでも有数の食糧生産地である海法よけ藩国としては、その名に恥じぬラインナップを取りそろえて各国のお客様を待ち受けた。

まずは[[蕎麦粉クレープ>http://pw1.atcms.jp/yoke2/index.php?%E5%85%AC%E5%85%B1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%EF%BD%9E%E4%B8%80%E6%97%A5%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%EF%BD%9E]]で、たっぷりとお好みの新鮮な野菜や卵、蒸し[[よけ鳥>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_52.html]]などをくるんだファーストフード。
それに添えられている、よけ鳥の唐揚げや、フライドポテト、フレッシュジュースもすべて国内で安心の有機栽培。

[[よけ牛>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_52.html]]のフィレステーキや[[よけキャベツ>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_54.html]]のロールキャベツ、玉葱と[[コスモマグーロー>http://eyedress.at.webry.info/200702/article_15.html]]のマリネや[[よけキノコ>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_51.html]]のソテーなど、季節の素材を詰め合わせたしっかりとおなかにたまるメニューも充実している。

また、[[木苺>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_50.html]]などをはじめとする果物から作られたマーマレードとよけ牛のミルクとバター、よけ鳥の濃厚な卵黄などをたっぷり使用したケーキ・クッキーをはじめとする各種デザートも、国内からもわざわざ駅まで買いに来る人が後を絶たず、連日売り切れの大人気。

また、大人の間で密かに話題となっているのが、そのおいしさについ飲み過ぎても二日酔いを避けてしまうと評判の[[よけワイン>http://eyedress.at.webry.info/200701/article_8.html]]である。

今後、環状線のおかげにより訪れる多くのお客様の意見や反応をリサーチし、味と種類にますますの工夫を重ねて、駅弁でよけ国の美味をNWに広めようと、この仕事に携わる国民達は今から意気盛んである。
 
(文:森沢)
トップ   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS