トップ   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
**森国人[#abcde]

&ref(http://nyan2.amatukami.com/bbs/data/69.jpg);


・避け藩国の森国人
【外見】
外見はやせぎすで、ひょろっとした体格。一様にとがった長い耳と長い髪、そこそこ見られる整った顔立ちを持つ。遠目では男女どちらも女性のように見えるが、しっかりと性別の違いがある。森国人男性を女性と間違えて声をかけた場合、たいていぶっ飛ばされるのでうかつにナンパしないことをお勧めする。服は森で捕らえた獣から加工した、多種多様な革製の服を着ている。これはアッチこっち避けまくるため、木綿や絹より切れにくく頑丈な革の服の法が適しているためだとか。また、そうしてできた革製品は他国にも輸出するなど、貿易品や名産品としても利用されている。

【性質】
森国人は他にもたくさんいるが、避け藩国に限定すると、彼らは総じて、他の能力を圧倒するほどに突出して避けスキルが高い。それは他国の人々から『ありとあらゆるものを避けるのが奴らの性分』と言われるほどで、実際、『生まれてまもなくの彼らが最初にすることは、母親が差し出す哺乳瓶を避けることだ』という、妙なたとえ話が残されているくらいだ。ただし、たまに避けちゃいけないものまで避けてしまい、へこむこともあるとかないとか。

【生活習慣】
深い避け森の中で暮らしているため、日の出と共に起床、日の入りと共に就寝、というのが基本的な生活体系だが、森そのものがいろんなものを避けるため、国民たちは朝起きたらまず自分がどこにいるかを確認することから、一日が始まる。そのあとは、王猫ガミッチ様が考案されたという「避けラジオ体操」だ。国民たちの挨拶は「よい避けを」が基本。

【嗜好】
基本的にお祭り騒ぎが大好きで、何かしらの理由にかこつけてお祭りを始めてしまうことが多い。主に行われるのは「避け森バイクレース祭」。これは避け森にバイクで突っ込み、木々を避けて走り抜けるという風変わりなレースで、それぞれが持つ避けスキルを更に高める訓練も兼ねている。このほか、突発的に「避けアイテム祭」も開催される。これは、こねかけのうどん粉、傷んだオレンジ、つぶれかけのトマト、腐ったきゅうり、別れた彼女への恨みなど、ぶつけられたら嫌なものを持ち寄って全力で互いに投げあい、避ける祭りだ。

【特性】
瞬間的な体力、腕力にはとんと縁がないが、そのかわり集中力は高く、頭脳は明晰で主に学問、政治面で真価を発揮する。はずなのだが、たいていいろんなことを避けてしまう。本当はまじめにやれば名のある医者、政治家、星見司、理力使いなどになれるのかもしれない。元来、手先が器用で根気強く、1つの作業を延々と続けても苦にならない性格のため、整備士としても優れた技能を発揮するだろう。持ち前の敏捷性とその粘り強さを生かし、忍者となるものもいる。あ、忍者の場合は適性ばっちりですね。手裏剣とかくないとか避けるから。

&tag(着用アイドレス);


**高位森国人[#abcde]

【高位森国人】(フレーバーテキスト:ちは)

 高位森国人という人種が居た訳ではない。
 彼らをそう呼ばしめたのは血によってでは無く、その生き様によってである。(『シューティングで読み解く藩国史~歴史は弾幕から生まれる~』)

 森国人の高位的存在がいるということに関しては、昔から信じられてきた逸話の一つであり、例えば高名な歴史家であるジョン=ニャングの名著を紐解くと、その様な人物が突然現れては歴史的な偉業を成していつの間にか姿を消すという事例を幾つも見つけることが出来る。
近年の研究によれば、高位森国人という種族がいたわけではなく、傑出した人物・一族を指し示す言葉の一つであったということが推測が出ている。
そして現在、高位森国人とは特定のスペシャリストに与えられる称号の事を指す。
毎年、ある分野に於いてその業績を認められた者には、高位森国人の証である頭環を授けられ、森の王宮内に居を構えることを許可される。また、仕事においても役職が上がり、高い賃金を取ることを義務付けられる。
何故このような高賃金の義務化が行われているかには、一つに高位森国人とされる彼らの性向に理由がある。
彼らは一様に、己の技術を高めることにのみ心血を注ぐ。
金のためでもなく、地位のためでも無い、ましてや誰かのためである訳でもない。
技術を高める事、それ自体が目的であり、生きがいであるのだ。
歴史上の彼らは突如消えていったわけではなかった。
ただ、後継となるものが、その後を語り継ぐものがいなかっただけなのである。
よって、彼らに義務として与えられる高い賃金は、彼らの技術に対する高い評価の証である共に、後継に仕事を回す事を目的としたものでもあるのだ。
でなければ、彼らが技術向上の名目の元に全ての仕事をさらい、彼が去ったその暁には、その分野において誰も後継者が育つことが無いままになってしまうだろう。

高位森国人-
避け国人の中でも最高にハイ(高位)なヤツだけが、件の称号を授かるという名誉(?)を預かることが出来る。つまり、彼らは一角の人物であると共に、相当の数寄物でもあるのだ。


・避け藩国の高位森国人
【外見】
外見は一般的な森国人と同じく、一様にやせぎすでとがった長い耳と長い髪といった特徴を持っているが、背が頭一つ高くすらっとしている。また、一種人間離れした整った顔立ちを持つ。体が華奢なせいか中性的で、服を着ていると性別を見分ける事はかなり難しい。とはいえ、高位森国人男性を女性と間違えて声をかけた場合、やっぱりぶっ飛ばされるのでナンパをする際には細心の注意が必要な事には変わりが無い。その制度上、裕福なものが多いせいか服は絹製の服を好んで着る者が多く、その装いの形は体にぴったりとフィットするものから、ひらひらのふわふわ迄千差万別である。

【性質】
避け藩国の森国人である以上、避けスキルが高い。しかも、「技術を高める」と言う事に関しては一種病的とまで言える彼らの避けスキルはさらに高い。そのスキルの高さは狩の際にも絹の服のまま森へ出かけ、汚れ一つ無く帰ってくることからも窺い知れよう。彼らの服装は富の象徴であるだけではない、避けスキルに対する自信の現れでもあるのだ。

【生活習慣】
一般的な森国人と違って、彼らの起床時間は「やりたい事が始まる前」であり、終身時間は「やりたい事が終わった後」である。そのため、起きるのが夜遅くだったり、寝るのが起きてから2日経ってからだったりするが、その辺は「高位だから」等の理由で、深く考えることを避けているのが常である。
住まいも、森の王宮なんてセレブな所にある割には、「職場から遠いし」などという理由であんまり帰らない者も多く、王宮はその荘厳とも言える静謐さを維持し続けている。

【嗜好】
とにかく何かのスキルを高めることが大好き。生きがいといっても良い。誰もがやりたがるメジャーなものから、誰もやらないようなマニアックなものまで、兎に角やり始めたら達人とも言える域になるまでやりこみ続ける。現在の人気は、動物との信頼と己の避けスキルに全てをかける「タイガーライド」というスポーツである。

【特性】
森国人の例にもれず、体力、腕力はからきしな代わりに、そのかわり集中力は高く、頭脳は明晰である。また、そのひたすら自己研鑽を続けるある種ストイックな性格は、弓兵や動物使いといった根気と集中力のいる職業に向いているともいえるし、また長年にわたる努力の結果により一度その才能が花開けば、賢者や藩王といったある意味至高(ぽい)とも言える職業につけるかもしれない。何はともあれ、努力することが大好きな彼らは、スペシャリストが必要とされるあらゆる場面で重宝されるだろう。
その存在を忘れられていなければ、の話であるが。

--------------------------------------------------------------------------------
トップ   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS