トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS

人口の増大に伴う第一次バリアフリー推進法

序文:
 人口増加に伴って、海法よけ藩国(以下、よけ藩国)の基本的なインフラである瞑想通信等、理力を使う設備にアクセスできない人が増えており、基本的な生活に支障を来す場合が出ています。

 よけ藩国としては、国民が基本的なインフラにアクセスできないのは生活権の侵害であり、これらは国の責任として解決に向かうことを宣言します。

第一章:基幹技術

 現在、瞑想通信等のアクセスには、生まれつきの理力の素養が必要であり、これらは簡単に変えることができません。そもそも理力を誰でも使える形に改造することは、TLO等の危険な問題を呼び込む可能性が高いです。

 よって、根幹となる技術は、これを変化させません。

第二章:新技術の導入

 西国で使われている電話などのインフラは、誰でも使用することができる一方、これらを安易に輸入することで、よけ藩国の伝統文化が失われる危険もあり得ます。

 これらの導入については、慎重に行います。

第三章:運営

 基幹技術自体を変化させずに、誰でも使うことができるようにするために、オペレーターを増やします。

 瞑想通信なら、瞑想通信を取り次ぐ人を増やすことで、問題に対処します。

 オペレーターとなるものは、瞑想通信にスクランブルをかけることで、通信のプライバシーを守ります。

 これにより、理力使いの雇用を増やしつつ、新旧のライフスタイルの調和を取って、バリアフリーを実現してゆきます。

第四章:第二次法案

 基本的生活を自力で行いたい、という方のために、よけ藩国は助力を惜しみません。よけ藩国は今後の状況に合わせ、第二次法案として発表し、よりよい生活水準向上への道を模索し、用意する準備があることを約束します。

(法案起草者・藩王:海法 紀光)
(内容チェック:法官 青にして紺碧)

Tag: 法案 未提出
お知らせ一覧に戻る

トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-21 (土) 06:22:39 (2983d)