トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS

海法よけ藩国と羅幻王国様の今後の交流について †

 T14において、海法よけ藩国と羅幻王国は聯合を結び、羅幻王国のライセンスにより、よけ藩国が船舶を生産することで、両国とも大きな利益を得ました。

 思い起こせば、かつて、海法よけ藩国と羅幻王国は、悲しい理由から対立したことがありました。
 この時の対立の原因は、クーリンガンの襲来によるものでした。

 悲しい事件で、多くの被害を出したこの事件ですが、海法よけ藩国藩王、海法紀光は、この対立は、誰一人として望んで起こしたものではない、と、断言します。

 それは、クーリンガンの計略によるものであり、また、生きてゆくための安全を脅かされた人の、どうにもならない、あがきでした。

 傷ついたこと、傷つけられたことを忘れることはできませんが、けれど、そこにある遺恨こそが、クーリンガンの策ではあります。

 私は、未来において、このような悲劇を防ぐには、まずは、国の基盤をしっかりと築き上げ、人が人らしく生きてゆける環境を維持し続けることである、と、考えます。

 海法よけ藩国と羅幻王国が、互いに協力することで、繁栄を享受できることは、既に証明されました。
 今後も、連携を続け、より大きな発展を目指そうと思います。願わくば、その気持ちを国民の皆さんと共有できればと思います。

海法よけ藩国藩王 海法 紀光
Tag: T14 法案 政策 提出済み 0903

トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-21 (土) 06:22:23 (3073d)