トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS

ここは、のページの一部分です。

建設開始 文:青にして紺碧 †

「………これは……」

 ただ一人だけ、この世界の「寮」をその目で見た国民:夜國涼華から送られた寮のデータを、マザーコンピュータ「ぜのすけ」越しに閲覧し、紺碧はうめいた。

 なぜなら、3以上の数字を理解できない紺碧にとって「~は○m」や「~はxx平方m」だのといった詳細資料は、頭から煙を噴くほどの、高等数学的領域だったからである。

それでも、A&Sが打ち出した「物件悪用対策」に対応すべく、設計情報を秘匿レベル3に設定しておくことだけは忘れなかった。レベル3に設定した意味については、深く考えてはいけない。

「ぜ、ぜのすけ」
“なんでしょうか”
「この寮、建築するのに、何人くらい必要か、計算してくれ」
“たくさん”
「たくさん、ってそんな曖昧な……」
“紺碧、3以上理解できない。だから、たくさん、で十分”
「わ、わかった。……じゃあこれを、国民も居住可能な寮として、再設計できるか?」
“データは既に、人間も居住可能を前提として、設計されている”
「そ、そうか……」

 ぜのすけが、設計図を元にした外観予想図を、瞑想通信で紺碧に転送する。図面を見ても何が何だかさっぱりわからなかったが、予想図を見て紺碧は納得する。

「綺麗な建物だな。整えられた庭園まであるのか」
“モデルはシンタロ校の学生寮、とされている。綺麗なのは、当然”
「要するに、政庁スタッフだけでは建設できない。国民の雇用は必須。これは間違いない、ということでいいか?」
“そんなもんじゃないの?”
「そうか……っていうか、その曖昧な答え方、何とかしろ!」
“はて?どこか変か?”

 どこまでも正確な答えを避ける、マザーコンピュータ、ぜのすけを相手に質問を繰り返す紺碧。

「建築資材はどのくらいって聞いても、きっと私にはわからないんだろうな」
“夜國涼華はきわめて精密な情報を送っている。でも、紺碧、理解無理”

 ぜのすけにさえ断言される紺碧。とりあえず前向きに考え直そうと気持ちを立て直す。

“このほかに、建築作業に従事する者たちのための仮設住居、食事、衣類、建築用機材の用意、雇用対象者なども細かく書かれている”
「そこは、この間陛下に提出した企画書の時に読んだ。それは理解できている」
“なんだ、できてるのか”
「当たり前だ!ちゃんと言葉で書いてあれば私だってわかる」
“敏捷4の人間が5人集まったら評価値はいくつになる?”
「………いち、にい、さん……わかるかー!!」
「あの、紺碧さん、ちょっといいですか?」

 蒼のあおひとが執務室のドアを開けて、入ってきた。秘書官制服を身につけているので、どうやら天領からの帰りがけらしい。

「あ、ああ、なんでしょう、あおひとさん?」
「いえ、先ほどから紺碧さんの奇声が政庁内に響き渡っているから何とかしてくれと、みなさんから、苦情が……」
「う、申し訳ない……」
「ああ、例の寮の設計関係ですね。確かに、こんなに数字がいっぱい並んでいたら……」

 くすっ、と笑いながら、あおひとは紺碧の執務机の上に重ねられた書類を手に取る。

「そうそう、紺碧さん、提案があるんですけれど」
「はい、なんでしょう?」
「私が【お料理の達人】を取得したの、覚えています?」
「ええ、それはちゃんと覚えていますよ」
「こちらの企画書には、メードの仕事の一環として、“寮内居住者への食事の用意”、というのがありますよね?これ、私に協力させてもらえませんか?昔懐かしふるさと料理から、満漢全席まで全部いけちゃいますよ?」
「なるほど、レシピのレクチャー、ですね。でしたら、建築期間中の炊き出し指示なども、御願いしていいですか?」
「ええ。何でしたら、うちのただたかさんもバトルメードとして……」
「い、いや、それは、それは結構です!あおひとさんは、ご家族の方をまず大事にして下さい!」
「うちはいつでも家庭円満ですから。ただたかさんのことは、もちろん冗談です。あ、でも帽子猫さんから“遠い昔はバトルメードをやっていたから、人手が足りなかったらいつでも呼んでね”と言付かっています」
「ありがたいことです……」

 紺碧は執務椅子に腰掛けたまま、深く頭を下げた。

「じゃ、まずは国内全土に、人材募集の伝達を行いましょう。いつまでもここに座ってたって何も始まらないですから」
「そうですね。……あおひとさん、その人材募集、御願いしていいですか?」
「かまいませんけど、どうしてですか?」
「えーっと、今回の事業に何人必要なのか、資料を見てもわからないんです……お恥ずかしながら」
「………紺碧さん、敏捷4の人間が5人集まったら評価値はいくつになるか、わかりますか?」
「……わかりません……」

 執務机に突っ伏す紺碧。まさかぜのすけと同じ質問をされるとは思わなかったのだ。

「そうそう、寮以外にも、国際救助隊や錬金術師、植林事業など、国民雇用対策案件はいくつもありますから。賃金や生活保障などもひっくるめて告知を出しておきますね」
「よ、よろしく御願いいたします……」

 3以上の数字が理解できない摂政:紺碧。数字面はいつもあおひとをはじめとする他の面々に御願いするしかなかった。

トップ    編集凍結 差分バックアップ添付複製名前変更リロードPages that link to here   新規一覧単語検索最終更新
   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-21 (土) 06:22:45 (3068d)